1. まとめトップ

マジック・ザ・ギャザリングで強いカードの共通点まとめ【更新中】

私が見つけた強いカード、禁止カードの共通点をまとめます。今後出たカードにも当てはまったら大化けすることでしょう。みなさんがカードの本質を見抜くきっかけになれば幸いです。

更新日: 2016年05月23日

koten_underさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1913 view
お気に入り追加

1.ライブラリから探す、戦場に出す、を同時にするカードは強い

なぜ強いか?

普通強力なカードというのは活躍する場面が限定されていたり、複数枚引いてしまうと弱かったり、マナコストが重いため序盤に引くと邪魔になったりする。
ライブラリから探すだけだと、通常に唱えるよりマナが余計にかかったり、カードアドバンテージで損するため、程良いバランスになることが多い。
手札から戦場に出すだけでも、手札に集めるためには4枚積みしなければならなかったり、他の手段でカードを集めないといけないため、運が必要となる。
ところがこの2つを1枚のカードで実現できてしまうと、ほとんどカードアドバンテージを失わず、状況に応じた的確なカードをライブラリから直接探し出せてすぐ使えるため、非常に汎用性が高く、いろんな場面で活躍することができるのである。

Sotneforge Mystic(石鍛冶の神秘家)

Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 (1)(白)
クリーチャー — コー(Kor) 工匠(Artificer)

石鍛冶の神秘家が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから装備品(Equipment)カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。
(1)(白),(T):あなたは、あなたの手札にある装備品カード1枚を戦場に出してもよい。
1/2

特に隣接するミラディンの傷跡ブロックに優秀な装備品が収録され、それらのうち必要なものを確実に、しかも複数枚引くと腐る装備品を持ってこれ、インスタントタイミングで戦場に出せるというのが非常に強かった。
スタンダードで禁止カードとなった。

Green Sun's Zenith(緑の太陽の頂点)

Green Sun's Zenith / 緑の太陽の頂点 (X)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストがX以下の緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。緑の太陽の頂点をオーナーのライブラリーに加えて切り直す。

緑のクリーチャーしか呼び出せないが、0マナにはドライアドの東屋でマナ加速、2マナにタルモゴイフでビートダウン、クァーサルの群れ魔導師でエンチャント・アーティファクト対策、6マナで原始のタイタンのフィニッシャーなど、できることが非常に多く、序盤に使っても終盤に使っても役に立つところが強い。あまりにも汎用性が高く、「緑デッキならすべてに入る」と言う状態に陥っていたため、2011年10月1日より禁止カードに指定される。

Tinker(修繕)

Tinker / 修繕 (2)(青)
ソーサリー

修繕を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、アーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

アーティファクトをライブラリから探して、直接戦場に出すカード。強力なアーティファクトがひしめくウルザブロックのため、猛威を振るった。「ライブラリから探す」と「戦場に出す」をシンプルに体現している。

Birthing Pod(出産の殻)

Birthing Pod / 出産の殻 (3)(緑/Φ)
アーティファクト

((緑/Φ)は(緑)でも2点のライフでも支払うことができる。)
(1)(緑/Φ),(T),クリーチャーを1体生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから、その生け贄に捧げたクリーチャーの点数で見たマナ・コストに1を足した値に等しい点数のマナ・コストを持つクリーチャー・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

戦場に出せるクリーチャーカードに制限がありますが、継続的に使えるというのが何よりも魅力です。便利すぎたため、あらゆるクリーチャーデッキに投入される事態となり、モダンで禁止カードとなる。

2.ライフの支払いは、意外と安い

呪文を唱える追加コストにライフを要求するものがあります。一見すると大きなデメリットのように見えますが、実際はそうでないことも多いです。
単に上位互換にならないよう申し訳程度にライフロスが付けられていることがあります。

Thoughtseize(思考囲い)

Thoughtseize / 思考囲い (黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。あなたは2点のライフを失う。

手札破壊カードには捨てさせられるカードに制限があるものが多いが、このカードには制限がなさすぎる。
バーンデッキには効果がないと言われているが、これは、このカードの唯一の弱点がバーンデッキであり、それ以外のほとんどのデッキには効果があると言っているものである。

Dismemver(四肢切断)

Dismember / 四肢切断 (1)(黒/Φ)(黒/Φ)
インスタント

((黒/Φ)は(黒)でも2点のライフでも支払うことができる。)
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-5/-5の修整を受ける。

黒マナが全くでないデッキでも、わずか無色1マナと4点ライフでほとんどのクリーチャーを除去できるのが強い。

1





中身のない、抽象論のまとめは極力作成しない。具体性のあるまとめを作成する。



  • 話題の動画をまとめよう