1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mpikaさん

■アイドル待ち伏せ・刺傷事件の容疑者の家族のコメント

・逮捕の男の父親「被害者の方に申し訳ない」

「被害者の方には本当、申し訳ない。それだけです」と答えた。

岩埼容疑者の父親

・男の兄「ため込みやすい性格」

「自分の気持ちをうまく表現するのが苦手なのかなって気がしていました。ちょっとため込みやすいのもあるような気がしていましたね。

ためちゃって、後で一気に爆発するタイプ。相手の方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。無事でいてほしい。それだけです」

■事前に刃物を用意 「殺すつもりだった」

▽事前に刃渡り8.2センチの折り畳みナイフを用意・計画的な犯行

首や胸など20カ所以上を、折りたたみ式のナイフで刺した

アイドル活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)が刃物で20数か所刺されて意識不明の重体となり、ファンの岩埼友宏容疑者が逮捕。刃渡り8・2センチの折りたたみ式ナイフを押収している。

「殺すつもりだった。事前に刃物を用意し、駅で待ち伏せした」などと供述

あらかじめ計画して冨田さんを襲った可能性もある。「馬乗りになって刺していたようだ」と話す人もいる。

岩埼容疑者が、冨田さんがライブに出演するブログの告知などをみて待ち伏せし、計画的に犯行に及んだ

「プレゼントを送り返され、腹を立てて刺した」などと供述している

【女性アイドル刺傷事件】Theサンデーで犯人の顔が公開される matome-blog-antenna.blog.jp/archives/60415… pic.twitter.com/sF6rOboF2y

アイドル刺傷事件の容疑者の体格ヤバ杉内 中学の時点で身長190体重90キロ越え、柔道全国経験者

▽「やめさせてほしい」と警察に相談していた被害者

武蔵野署は、会場を管轄する小金井署に「冨田さんから110番があれば対応するように」と依頼

ただ、冨田さんから連絡がなかったため、小金井署は会場に警察官を派遣していなかった。

岩埼容疑者は1月18日から約4か月の間に、400件以上のメッセージを冨田さんに送っていた。

・犯人のツイッター?事件後もブログ更新

「あいつ死ねばいいのに」「殺したい、殺したい、殺したい」「犯罪します」――。

出典J-CASTニュース

今回の犯行を示唆するような投稿が数多く見つかり、最後の更新は、冨田さんが襲われる5分前に行われた。そこには、「まだかなまだかな~」という言葉が残されていた。

「誠意が足りないような気がする」「ファンを大事にしない人間なんだね」などと自分に対する態度を批判するもののほか、「悪意と敵意には敏感であった方がいいよ」といった忠告ともとれるメッセージも送っていた。

アイドル刺傷したやつのアカウントと聞いて覗いて見たけど狂気しか感じなくて あ、これが犯罪犯すやつの日常なんだなって思った pic.twitter.com/OWAErKITIR

1 2