1. まとめトップ

どこでも眠れる!最近の枕はこんなに進化していたよ4選

移動の時にどうしても眠くなってしまう。こんな時に枕があったら…。そんな悩みを解決してくれそうなアイデア枕がありますよ!参考にしてね。無印ネッククッション、NapAnywhere ポータブルヘッドサポート枕、WOOLLIPポータブル枕、Ostrich Pillow Light

更新日: 2016年11月10日

171 お気に入り 65137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

どこでも眠りたい…

す、凄い…はなから電車で?寝るためになのか、枕を窓枠に置いて枕付きで寝てる人がいる!!!

移動の時や、乗り物での睡魔!枕がほしい…。

フード付きの枕で顔を隠せるから便利 ネッククッション

女性の声に応えて開発された、顔がほぼ隠れるフード付きなんです。メガネをしたままでも、アイマスクをしなくても、そのままかぶってしまえばOKです。

フード部分は、使用しない時はネッククッションの中に収納することができます

体にフィットする微粒子ビーズを使用しました。首や腰などにあて、お好みの使い方でリラックスできます。

ララビギンに載ってたんだけど、無印のネッククッションにフードが付いたんだって!!これでアホな寝顔を晒さず乗り物移動できる♪ pic.twitter.com/rh3xDTKa0t

NapAnywhere ポータブルヘッドサポート枕

長時間の夜行バスや飛行機で眠るとき、首をどのポジションに持って行けば良いのか分からず中々寝付けずにイライラしてしまう人も多いかもしれません。

どこでも快適な睡眠ができるようにしてくれる枕です。

ブリーフケースやラップトップバッグの中に収まるほど小さいです。

•重量:340 g
•サイズ:30.48 x 30.48 x 3.81 cm

この快適なデバイスは、飛行機、地下鉄、電車、バス、車に乗りながら、効果的に使用することができます。

この姿勢って楽なんだよね~。

WOOLLIP 身体に負担を与えない ポータブル枕

電車や飛行機などの限られたスペースでも、肩や首、背中に負担を与えない姿勢で眠ることができるんだそう。

限られた場所でも肩・首・背中に負担を与えない形で眠ることを可能にするポータブルな枕

航空機やバスの中であなたに与えられる唯一の余裕スペース、すなわち自分の前の空間を、有効利用する。

空気を入れて膨らませるタイプなので、持ち運んでいる時は圧縮してカバンのポケットなどに入れておけます。

1 2