1. まとめトップ

日本ハムファイターズ新球場建設へ「ボールパーク構想実現」さらば札幌ドーム

日本ハムファイターズが新スタジアム建設計画を公表した。ボールパーク構想推進との理由であるが、背景には「殿様商売」を続ける札幌市側にも一因がありそうだ。

更新日: 2017年08月08日

yamatocafeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 36072 view
お気に入り追加

▼関連まとめ

■正式構想発表

1.取組み方針

ニッポンハムグループは、「CSRにおける5つの重要課題」の一つとして「食とスポーツで心と体の元気を応援」を掲げ、食とスポーツを通じて心と体の健康づくりを推進しています。
一方ファイターズは、北海道において企業理念である「Sports Community」の実現を目指し、スポーツ振興や地域社会の課題解決に取り組んでいます。
ニッポンハムグループは、自治体・企業・その他各種団体およびファンの皆様と協働して「新球場を核としたまちづくり」を進めることで、地域・社会に新たな価値を創出できるよう挑戦してまいります。

2.コンセプト

『“北海道のシンボル”となる空間を創造する』
食とスポーツを有機的に融合させることで健康を育み、道民・市民・ファンの皆様が愛着と誇りを持てる施設を目指します。

3.推進体制のイメージ

本構想にご賛同いただける各分野・各事業エリアに知見・ノウハウをお持ちの多様なパートナーと共に、事業参画者が新たな挑戦を行いながら様々なコミュニティが自然と形成される『共同創造空間の構築』を追求してまいりま

4.構想のイメージ図

選手のパフォーマンスが最大限活かされるスタジアムを核に、国際競争力を有するライブ・エンターテイメントタウンとして『“アジアNo.1”のボールパーク』を目指します。

■日本ハム球団、新スタジアム建設へ

日ハムが新球場構想 候補地は札幌市内外で

プロ野球北海道日本ハムが新球場を建設し、札幌ドームから本拠地を移す構想を進めていることが23日、関係者への取材で分かった。

施設は札幌市が所有し、札幌市と道内財界各社が出資する第三セクター・株式会社札幌ドームが運営管理を行っているが、出資比率から考えると、実質、札幌市が運営している自治体の“ハコモノ”である。

【#野球】栗山監督、新球場に「スケールがでかくてすごい」 日本ハムが新球場建設を検討していることが明らかになったことを受け、栗山英樹監督(55)が24日、報道陣の質問に答えた。 「オープン戦の雪が降っている時… qw.ee/vm1i

「オープン戦の雪が降っている時期に、野球をやらせてもらっているのは札幌ドームのおかげ。感謝をしている」
「ファンの人たちのために、もっとできることがある。やりきる責任がある。 できることをやらないのは失礼。可能性を探るのは当然のことだと思う」
「そのときは、北海道でプロ野球は遠いなぁと思っていた。野球っていいものなのになぁって。球団が球場をつくろうと思った。そういう人がいたということに感動しました。スケールがでかくてすごいなと思う」

☆☆☆☆札幌市の反応

「今年1月に構想は聞いていた。出来れば札幌市内建設をお願いしたい」(秋元札幌市長)

「全国的にも珍しいドーム運営の黒字を実現し、好循環が生まれているだけに、残念だ」
(札幌ドームを所有する札幌市・手島久仁彦スポーツ部長)

「野球に特化した施設ではなく、経営戦略としては仕方がない」
(同部長)

「建設当初からプロ野球チームの誘致が安定経営に欠かせないとしてきた」(札幌市広報)

■新球場建設の何故?

北海道に誕生してから12年が経過し、地域密着という形でいろんな事業を展開してきましたけど、もう1段上、もしくはもう2段上の北海道に対する地域貢献ができるやり方はないのか、ということを調査、検討しているという風に考えている
その中の1つが新球場の建設という立ち位置です

札幌ドームでは実現できていない球場と球団の経営を一体化させて収益力を強化する狙いがある。

球団はドーム側に使用料などで年間約13億円を払っており、これが球団経営の負担になっていた。

出典http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000052-asahi-soci

スポーツビジネスの原則は、利益が出れば、それをチーム強化や顧客満足度をアップするための施設などへの投資に使い、ファンへ利益を還元するもの

球団には観客から「トイレが少ない」との不満や「観客席の傾斜が急だ」「ファウルグラウンドが広く臨場感に欠ける」といった声が寄せられている。

ドームとの関係が改善し、経営が健全化すれば、チーム強化も、勝敗に左右されることなく球場動員につなげるための、球場の内外の施設充実やサービス向上に対しても、積極的な投資を行うことが可能になる

コンテンツ(試合)の魅力を高めるには、ソフト(選手)とハード(球場)の両面の投資が必要に。だからソフトバンクは実力と人気が両立するのでしょう -- 「マイホーム」と一体運営 日本ハム新球場計画 ファン拡大へ改装柔軟に :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGKKAS…

☆☆☆☆札幌ドーム側の仕打ちとは?日本ハムの支払額が26億円超す

1 2 3 4 5 6





yamatocafeさん

野球中心にスポーツと旅行、温泉、グルメが好きです。