1. まとめトップ

離婚調停 弁護士

離婚調停をする時になってわかったこと。裁判や法律の専門用語や知識が必要だ!ということ。

弁護士を依頼するかどうかは,メリットとデメリットを比較して決めるのが良い

弁護士に依頼すれば弁護士費用がかかることになるため、その点も含め、弁護士に一度相談し、見積りを出してもらうと良いであろう。

相手が提示してくる情報の質と量が離婚でも勝敗を決めることがあります。そのため、離婚調停では、弁護士をつけた方が有利といえば有利です。

離婚調停で弁護士さんを代理人に立てられる方は、20%程と言われております。つまり、5人に1人位しか立てないという統計があります。

良い弁護士と出会う為にはコミュニケーションがスムーズにいくか?事情だけでなく気持ちも汲んでくれているかといった点もポイントになってくるでしょう。

離婚調停を依頼した場合、着手金が20~30万円で、成功報酬が金銭的な利益に対して10~20%というのが多いみたいです。

離婚について相談をするなら女性弁護士のほうが良いかと思います。

離婚調停申立書

裁判所のホームページからダウンロードして印刷しても良く、わざわざ取りに行く必要もなくて便利です。

離婚調停申立書は、家庭裁判所に提出用原本、相手方に送付用の写し(コピー)、申立人(自分)の控え用の写しで計3通必要です。

妻・夫が、あなたに何を求めているのか、裁判所に対してどのように調停して欲しいのかを把握するために、申立書の内容は熟読しましょう。

離婚調停申立書に書いたという事実,書かなかったという事実が証拠として残ります。

簡潔にまとめることが得意な方は、30分程度で書き上げることができると思います。

離婚調停 弁護士費用

離婚調停の弁護士費用の定め方は弁護士の自由ですが,「着手金+報酬金制」を採用している弁護士がほとんどです。

報酬金も財産分与など経済的利益に対して、民事訴訟と同じ16%の弁護士もいれば10%という弁護士もいます

離婚の弁護士費用を抑えるのなら、弁護士の有料法律相談を活用するのが賢い方法です。

1 2 3 4





koushunyu_baitoさん



  • 話題の動画をまとめよう