1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

涼しげで爽やか!夏に行きたい日本国内の「エメラルドグリーンの絶景」4選

エメラルドグリーンって涼し気で爽やかな色ですよね!暑くなるこれからの時期にぴったり!そこで今回は日本国内のエメラルドグリーンの絶景を載せてみました♡是非夏のお出かけの参考にしてみてください♪

更新日: 2016年05月26日

582 お気に入り 68357 view
お気に入り追加

日本一美しい橋とも言われている♡

山口県沖、日本海に浮かぶ人口1000人足らずの小さな島、角島(つのしま)。その白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く海は、日本海側屈指のビーチです。

山口県の北西、日本海に浮かぶ角島。かつて、海岸線が17キロほどのこの島を訪れる人は年間1万人ほどでしたが、角島大橋が完成してからはなんと50万人に。この躍進の秘密が島と本州をつなぐ全長1780メートルの「角島大橋」です。これが本当に日本海?もう想像以上の美しさです。天国に続いているようなこの橋を走るだけで、気持ちはどんどん盛り上がります。

ベストセラー『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』にて3位にランクインしたり、車のCMでもよく使われているので、見れば知ってる!っていう方も多いと思います。

とにかく島のどこを切り取っても絵になるような場所。ここに2000年に角島大橋が架けられ、本州と陸続きになったことで、地域随一の観光地として一気に有名になったところです。

今日は山口県にある角島大橋にやって来ました! 綺麗!橋長い! 今から渡るぞーい! pic.twitter.com/fcJ0sO6UpD

先週から撮影の毎日を過ごしております^ - ^ 今日は早朝より角島にお邪魔しています #角島 #角島大橋 #撮影 pic.twitter.com/eQHLqrzcLM

それぞれ違った色になっている♡

「五色沼(ごしきぬま)」とは、裏磐梯と呼ばれる磐梯山の北側地域にある大小数十にもわたる湖沼群の総称です。

磐梯山の噴火によって生まれた五色沼は、福島県北塩原村 裏磐梯に点在する、大小、数十の湖沼郡です。赤~青~緑~白など、それぞれの沼ごとに、繊細かつ鮮やかに色が変わる様は、まさに絶景!その美しさをひと目見ようと、国内外から多くの観光客が訪れます。天候や時間、季節など、様々な条件によって色が変わる沼は、幻想的で訪れた人に感動を与えてくれます♪

その名の通り、沼の水に含まれる成分の違いなどから、赤・青・緑など水の色が異なって見えます。これは、磐梯山の噴火の際に噴出された鉱物の溶け具合や、光の屈折率、水中の植物などが沼ごとに異なるためといわれています。

そして、五色沼はトレッキングコースとしても人気のスポットで、テクテク歩きながら神秘的な沼を眺めるのもオススメですよ!

今日仕事だった人おつかれさま。五色沼綺麗だったからおすそ分け♡私も明日から6連勤!クソみたいな現実にいまから帰るよ~☆ pic.twitter.com/Z8R5vgject

霊峰磐梯山と五色沼からエネルギーを回収してきました。やっぱ福島はゴキゲンな道が多くて良いね。 pic.twitter.com/pbhxtwtYhn

お金をかけないというところに 趣味の中心がありまして、 ゆったりとした時間の中 森林浴で心も身体もリフレッシュ! コバルトブルーの湖は圧巻そのもの 福島五色沼にて pic.twitter.com/Z8J2ea2S3N

まるで天然のプールのよう!

神奈川にあるユーシン渓谷ですが、まだあまり有名でなく「知られざる秘境」としてSNSで密かな話題となっています。

ここの一番の魅力はユーシンブルーと呼ばれるエメラルドグリーンの水面!
青く見える理由ははっきりとはわかっていませんが、恐らくマグネシウムなどが多い水質ではないかとされています。

まるで宝石を流し込んだかのような、信じられない色をした水の流れ。エメラルドグリーンやコバルトブルーに変化する川の輝きは、ここが神奈川であることを忘れてしまう美しさです!

また、この美しいエメラルドグリーンの絶景のそばには、好奇心をくすぐられるトンネルの数々が存在しているのだそう。まるで探検家のような気分にさせてくれる雰囲気がたまりません!

ユーシン渓谷のユーシンブルーを堪能!青々しく透き通った川綺麗だった中々な距離だったけど久々に良い運動出来たし気持ちよく眠れそう… pic.twitter.com/ISCI89laX3

1 2





ramunenomitai7さん

このまとめに参加する