1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

読むと京都に行きたくなる!京都が舞台の漫画まとめ!

京都好きにオススメ!京都を舞台にしたマンガをまとめました。

更新日: 2016年05月29日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
236 お気に入り 55687 view
お気に入り追加

●『古都こと』

京都を舞台にした恋愛叙事詩を男女両方の視点から描いた話題作!片方だけでも面白いけど、両方読めば更に面白い、低恋愛偏差値の男女二人の淡く切ない恋物語――

驚くべきは、チヒロ視点は双葉社の「漫画アクション」にて、ユキチ視点は秋田書店の「ヤングチャンピオン」にて連載されていること。そう、出版社という垣根を超えた、大型企画なのだ!

「古都こと」って漫画面白い。 男目線と女目線で描かれる恋愛漫画で。 だから単行本も、男目線で描かれたものが二巻まで、女目線で描かれたものが二巻までっていう感じで出てるから、時系列も一生に進んでいくから。 そして舞台が京都っていうのも良いよねぇ。

古都こと面白いなー、チヒロ単純に可愛い!! ユキチはチヒロ勘違いさせて罪な男!!! 2人の主人公を別視点で読む漫画は無いから面白さが2倍になる!! pic.twitter.com/fL2DB2zThk

●『いなり、こんこん、恋いろは。』

京都に暮らす女子中学生・伏見いなりは、片想いの男の子に想いを伝えられない内気で少しおバカな女の子。ひょんなことから変身能力を手に入れたいなりの、京都を舞台に繰り広げる波乱万丈恋模様

主人公・いなりが変身能力を使い巻き起こすドタバタ劇に、人間に憧れ自分の存在に苦悩する神・うか様の視点を交えた、大スケールの青春ストーリー

『いなり、こんこん、恋いろは。』という漫画、京都の伏見がモデルになっていて、登場人物の名前にも京都の地名が使われている。キャラは可愛いし、ネタはネットスラングも混じってて面白いし、楽しめた。どのキャラも濃くていいね。

いなり、こんこん恋いろはが面白い〜!かんなぎといい、日本の神様の漫画って好きだわ(笑)京都弁を喋る女の子に萌える。

@9mmTYG @axxo_s 宇迦さまきゃぁぁぁあ!いなり、こんこん、恋いろはって漫画のうか様が美しい pic.twitter.com/Lat7en5o

▼2014年にテレビアニメ化された

いなりこんこん恋いろはは京都弁聞くだけでも価値があるアニメ

伏見稲荷大社で思い出した。「いなり、こんこん、恋いろは」 これは俺がアニメにハマるきっかけになった作品だし是非見て欲しい。そして皆京都来てね~ pic.twitter.com/VHb8FJTE3G

●『この街は神さまの庭~四神の京都・町家暮らし~』

京都の街は、東西南北の四方を4人の神さまに守られている。そんな青龍・白虎・朱雀・玄武の四神が京都の町家で念願の人間暮らしを始めたら?

あと、一緒に買った"この街は神さまの庭"が面白かった! 四神(玄武・朱雀・青龍・白虎)が京都の町家で人間に紛れて現代を生きています(笑)ピュアすぎる朱雀が本当に可愛いw 神様と人間の恋はハピエンになれるだろうか…(´・ω・`)個人的にはなって欲しいなぁ~

この街は神さまの庭、まさに帯の通り、絶妙に悪意をすり抜けててその具合がとてもいい。ボニータといい最近の秋田書店の出物率…素晴らしいわ…

友達が描いた漫画『この街は神さまの庭』が発売された! 個人的にこの二人の子が可愛くて好き~(=´▽`=)ノ pic.twitter.com/B9yDcUaNiM

●『おはようおかえり』

都の恋路、上ル下ル。仕事の路地、いったりきたり。――堂本一保・社会人3年目、25歳。きれいな姉2人、かわいい年下彼女に囲まれて、むっちゃええ日々、過ごしてます。

鳥飼茜さんの漫画『おはようおかえり』(全五巻)読みました。30代からあと、基本マンガは読んでないのですが、これは友達に教えられた。京都を舞台にした三きょうだい(二人の姉と弟)の話で、京都の町とそこに住む人の魅力も、ある種の怖さも、とてもよく描かれている。

『おはようおかえり』には色々なタイプの人間が描かれていて、でも、奥底にかかえるものは同じなのかもしれないと思った。孤独やままならなさを抱えながら、笑って、出会って、親しくなったり付き合ったり別れたり。そういうことを本当に丁寧に描いている漫画だった。

1 2





漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する