1. まとめトップ

デビュー初打席は三塁打!日本野球界一の巨体、ジャフェット・アマダーって?

楽天の助っ人外国人ジャフェット・アマダーについてまとめました。

更新日: 2016年05月26日

0 お気に入り 711 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

うおみんさん

ジャフェット・アマダー

ジャフェット・イシドロ・アマダー(Japhet Isidro Amador、1987年1月19日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(内野手)。

国籍メキシコ
出身地バハ・カリフォルニア州ムレゲ
生年月日1987年1月19日

所属球団

ミナティトラン・オイラーズ (2007 - 2009)
ベラクルス・レッドイーグルス (2009)
メキシコシティ・レッドデビルズ (2010 - 2013)
メキシコシティ・レッドデビルズ (2015)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2016 - )

メキシコからアメリカのマイナーリーグを経て、今季から日本にやってきた助っ人外国人選手です。

メジャーリーグでのプレー経験はなく、昨季はメキシカンリーグで41本塁打、117打点で2冠に輝き、MVPも獲得。

歴代最重量

・来日時点は?

身長193cmはいいとして、体重は135kg。これは昨季までソフトバンクに所属していた李大浩(イデホ・現マリナーズ)の130㎏を抜いて、日本球界歴代最重量。

・デビュー戦時点では?

プロ野球史上最重量138キロの楽天・アマダーが、初の1軍昇格を果たし「5番・DH」で出場した。

・あまりにも大きすぎて…

・体重が重くても問題なし!

135kgの体で本当に野球ができるのか? 実際に、キャンプのウオーミングアップで見るアマダーはいかにも体が重そう。首脳陣も明らかに「大丈夫? あまりムリしないでね」という感じで、気を使っている様子が見て取れた。

だが、シートノックが始まると、その風向きが一変。当然のようにファーストの守備位置に就いたアマダーは、意外にも打球に対して軽快な動きを見せる。

・驚異の打撃

チームに最大の衝撃を与えたのはフリー打撃だった。首脳陣、選手が興味津々に見つめる中、打撃ケージに入ったアマダーは打撃投手の投じた初球を一閃(いっせん)。いきなりレフトスタンドに放り込んだ。その後もピンポン玉をはじくように大飛球を連発して、この日だけで17本の柵越え。ひとりだけ違う競技をプレーしているかのような別次元の飛距離だった。

家帰ってイーグルスのキャンプ中継を見たけど、一番見たかったアマダーのバッティングが始まった所で終了とは 見たかった… 柵越え17/53でしょ? これは期待していいのかな☺️ #アマダー #Amador

チームの補強ポイントにぴったし?

昨季、パ・リーグ最下位に沈んだ楽天の泣きどころはなんといっても貧打。チーム本塁打85本はリーグワーストタイで、チーム打率、チーム得点もリーグ最下位。それだけに「大砲」はのどから手が出るほど欲しい存在で、このメキシコの怪人にかかる期待は大きい。

1 2