1. まとめトップ
  2. 雑学

都知事は年収2000万円...政治家ってどれくらいお金をもらえるの?

最近何かと話題になる「政治家のお金の話」ですが、政治家ってどれくらいお金をもらえるのでしょうか。

更新日: 2016年05月26日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 50512 view
お気に入り追加

最近何かと話題になる「政治家のお金の話」

2014年の都知事選の期間中、舛添氏は新党改革から約400万円の政党交付金を“ネコババ”しています

林文子横浜市長(70)が、自らのヘアメイク代を税金から支出していたことがわかった

昨年公開の政治資金収支報告書(14年分)によると、閣僚トップの集金力を誇るのは麻生財務相だ。2億円近い政治資金をカキ集めたが、使い道はメチャクチャだ

▼政治家ってどれくらいお金をもらえるの?

国会議員の場合

歳費(さいひ)とは、日本の国会議員に対して支払われる給費

国会議員の歳費、つまり給料は法律で決まっています。その月額は129万4000円

国会議員に支払われる1年間の報酬のことで、会社員でいえば月々の給料とボーナスを合わせたものです

文書通信交通滞在費は領収書が不要なので自由に使うことができ、また、使い切る義務はないため、貯金する政治家もいるという

この盲点を突く形で、文通費を投資に流用するなどする議員が存在し、このことから、国会議員の「第二の給与」とも揶揄されており、問題視されている

国会議員には一般の公務員などと同様に期末手当(約635万円)が支払われる

国会議員は3人の秘書(政策秘書、第1秘書、第2秘書)の給与を公費で賄うことができるので、秘書給与も1,800万円以上支給されます

JR全線で、新幹線・特急・グリーン車等の料金も含んで無料になります

選挙区を持たない比例代表の議員は、たとえ自宅がなくても「地方住所」として届けた地域から東京までの航空運賃に相当する枚数のクーポンを支給される

企業献金や政治資金パーティによる収入が加算されるので更に増えることになる

日本において政治資金規正法第八条の二で規定する「政治資金パーティー」を指す

政治資金パーティーを隠れ蓑にし、事実上政治献金が行われていることが問題視されることもある

年間4400万円ほどのお金が議員本人の口座や政党支部の口座に分けられて振り込まれます

日本の国会議員の給与(歳費)水準は世界で最高レベルと言われます

制度上の違いから単純な比較はできないものの、たとえば先進国の中でも高いといわれている米国で約1700万円、イギリスやフランス、ドイツは1000万円前後だ

東京都知事の場合

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する