1. まとめトップ

辛い生理痛 (PMS) を軽減するために出来る事

ひどい方には倒れてしまう方もいるという生理痛。 筆者も一時は、のたうち回るほど辛く大変だったのですが、色々な方法を試すうち段々と和らいできました。少しでも生理痛で苦しんでおられる方が元気になりますように!

更新日: 2016年05月28日

4 お気に入り 3763 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomato1さん

下記に具体的な方法を書いていますが、
全体的に言えるのは "身体を内からも外からも暖めてあげる事" が大切なようです。
(痛みの原因は病気の可能性もあるので、ひどい場合は決して無理をせず病院に行かれる事をお勧めします。)

★生理前 (PMS)

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くな るのが特徴です。

スーパーボール

生理痛にお悩みの方へ
生理痛には、スーパーボールを踏み転がして足の裏を揉むのがとても効くんです。一度ダマされたと思って試してください。
(ただし、子宮内膜症などの病気が疑われる極度の生理痛には効くかどうかわかりません…早めに病院へ行かれた方がよいと思います。)
医者にかかっても異常なし、でもたまらなくツライの~!という方に、おススメしたい方法です。
直径2~3cmのスーパーボールをぐいっと踏みながら転がします。自分の体重とスーパーポールの丁度いい弾力により、手揉みではかけられない強い力がぐいぐいと足の裏を押してくれます。い、痛いけど、キモチいい~…という部分を中心に、そこを揉みほぐすようにゴロゴロします。

筆者もこの方法を試したおかげで大分痛みが軽くなった気がします!

テレビを見ながら、洗い物をしながら、アイロンかけながら、電話しながら…。手を使いませんので「ながら」でOK

休む & 寝る

PMSには「眠くてしかたがない」「寝つきが悪い」と真逆の症状を訴える人もいます。
睡眠障害についても理由がはっきりしていませんが、睡眠物質であるメラトニンが関わっているのではないかと考えられています。
睡眠不足はPMSをさらに悪循環に陥れてしまいます。
PMSの症状に襲われたら、体を休めることが第一です。
紹介した対策のうちの、アロマテラピーやサプリメントなどを利用して深い睡眠を取りましょう。
家事や仕事を後回しにして、体を十分に休めることも大切です。

肉&大豆を食べる

鶏肉や羊の肉
肉にもいろいろな種類がありますが、質の良いたんぱく源となり体を温めてくれるのは鶏肉、羊の肉です。
青魚
魚を食べるなら
●さんま
●あじ
●いわし
といったDHCやEPAを多く含む青魚がおすすめ。

日本人に馴染みの深い味噌、醤油、納豆は全て大豆を原料としてできています。
大豆は良質のたんぱく源であるだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。

ホルモンバランスが乱れると生理痛が起こしたり、悪化しやすくなりますので豆乳などの大豆製品からエストロゲンを補給してホルモンバランスを整えましょう。

エクササイズ

医療関係者によれば、週に数回ほど運動をする女性はそうでない女性に比べて生理痛が軽いといいます。

適度に筋力をつけ基礎代謝を高くしておく事も大切です。
代謝が活発な人は少し動くだけでも、筋肉が脂肪を燃やしエネルギーにできるので冷えにくい体になります。

★生理時

暖める

仙骨

まず効果的なのは仙骨という場所を温めることです。仙骨はおしりの割れ目の上にある骨です。指で触ると指が引っかかるように骨にあたります。ここを温めることで子宮をかこっている骨盤が温まり、子宮や卵巣あたりの血行が改善されるので、生理痛を緩和します。

温める方法としては、腹巻などをしてその上からカイロなどでじわじわと温めるとよいです。

内もも

痛み止めを使わなければ動けないというくらい生理痛がつらく、生理のときあるいはその他のときでも内ももがひんやりする、と言った場合は、内ももを温めるのがよいです。

漢方の世界では、内ももには内ももや卵巣に関するつぼがあります。そのため、子宮の冷えが内ももの冷えとして反映されるのです。

ツボは押しても効果がありますが、お灸などのように温めても効果がありますから、温める事でも十分効果があります。特にスカートのときは下から冷気が上がってくるので、下にはくものを工夫しましょう。

おへその下

ここにもホルモンバランスを整えるツボがあります。ツボを押す場合は正確な場所を見つけなければいけませんが、温める場合はこの周辺を広く温めればよいです。ここを温めるときは下着の上からカイロを貼りつけるなどしてください。

休む & 寝る

私たちの体は、睡眠中に体のバランスを整える調整を行っています。生理痛と関係の深い女性ホルモンも、睡眠中に生成されることがわかっています。ですので、十分な睡眠がとれず睡眠不足になってしまうと、生理痛の主たる要因であるホルモンバランスの崩れが起こってしまい、生理痛の症状が悪化してしまうと考えられています。

生理中のベストな寝方

生理中の腹痛を抑えるためにベストな寝方はうつ伏せと言われています。
うつ伏せになるとお腹が圧迫されるんじゃ、と思うかもしれませんが自分の体の重みは不必要な圧迫はありませんので安心してください。
逆に、軽く負荷がかかることで腹痛が和らぐ場合も多いといわれます。

うつ伏せが苦手な場合は温め

普段から首を酷使していると、うつ伏せになった時に首を曲げるのが痛いという場合もあります。
うつ伏せが苦手という方は、お腹を温めることを意識してください。

1 2