PMSには「眠くてしかたがない」「寝つきが悪い」と真逆の症状を訴える人もいます。
睡眠障害についても理由がはっきりしていませんが、睡眠物質であるメラトニンが関わっているのではないかと考えられています。
睡眠不足はPMSをさらに悪循環に陥れてしまいます。
PMSの症状に襲われたら、体を休めることが第一です。
紹介した対策のうちの、アロマテラピーやサプリメントなどを利用して深い睡眠を取りましょう。
家事や仕事を後回しにして、体を十分に休めることも大切です。

出典PMSピーエムエスって?月経前に起こるツライ症状を緩和する9対策

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

辛い生理痛 (PMS) を軽減するために出来る事

ひどい方には倒れてしまう方もいるという生理痛。 筆者も一時は、のたうち回るほど辛く大変だったのですが、色々な方法を試すうち段々と和らいできました。少しでも生理痛で苦しんでおられる方が元気になりますように!

このまとめを見る