援デリ業者は、出会える系の出会い系を使って客となる男性を募集し、管理する女性に売春をさせます。

待ち合わせの約束を取り付けるのは、打ち子を呼ばれるメール専門のオペレーターで、出会い系に登録しているプロフィールはプロフ写真を含めすべてデタラメです。実在しない女性キャラを登録していることから、援デリのサクラとも言われます。

「ホテル代と別に2万円」などの条件で会おうと誘う手口から、割り切り目的援助交際の女性のように見えることから「援助交際 + デリヘル = 援デリ」と呼ばれています。

援デリ業者の最大の問題点は、違法に売春を斡旋しているということです。つまり、出会い系で援デリ業者の誘いに応じて女性と出会うことは、違法売春という犯罪に関わることを意味します。

出会える系の出会い系には、援デリ業者が一般の女性登録者としてなりすましているケースが非常に多く、男性登録者は誰でも遭遇し得る存在です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

悪質な業者・女性に騙されない!出会える出会い系の危険性と対策

運営会社が雇ったサクラがいない、比較的安全性に優れる出会える系の出会い系にも、悪質な業者による悪用などの問題点や危険性があります。それらの出会い系で安全に出会いを実現するために役立つ情報として、誰もが遭遇し得る危険性や業者の手口などについてまとめています。

このまとめを見る