1. まとめトップ

嵐・櫻井翔、松潤の提案でジンクス破る!久々の“サクラップ”で大ヒット!!!

嵐の新曲「I seek/Daylight」が、初週73.8万枚を売り上げ、オリコン週間ランキング首位に輝いた。4年ぶりの“サクラップ”の部分は松本潤から櫻井翔に依頼してきたのだとか。

更新日: 2016年05月26日

modumoduさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 125152 view
お気に入り追加

櫻井翔のラップ“サクラップ”

嵐のラップ担当である櫻井のラップは“サクラップ”といわれ独特な個性を生み出している。

櫻井くんのラップ=サクラップは、ちょっと馬鹿にされている雰囲気もありますが、本当に真面目に書いているし、すごくメッセージ性が強いんです。

櫻井翔がラップに興味を持ったのは、中学3年生

「日比谷の野外音楽堂でやったヒップホップの大きなイベントがあって、それが自分にとって大きかったです」

ヒップホップのイベント「さんピンCAMP」で影響を受けた!

1996年7月7日に日比谷野外音楽堂で開催された伝説的ヒップホップイベント。
提唱者のECDを始め、YOU THE ROCK、LAMP EYE、ZEEBRA、RHYMESTER、DEV LARGE、SHAKKAZOMBIE、SOUL SCREAMなど、現在の日本語ラップ・ヒップホップシーンにも大きな影響を与えているアーティストが多数集結した伝説的なイベント

“サクラップ”はとても優等生的なラップ

トリッキーではないが母音を使って堅実に韻を踏んでおり、とても聞き取りやすく、しかも強いメッセージ性を持っている。

櫻井が本格的にラップを導入したことにより、ジャニーズ全体でラップがポピュラーになったことは周知の事実

良い意味で優等生的なラップとなっており、そのイメージ作りに成功したからこそ、サクラップは嵐の楽曲の一部として定着していったのではないだろうか。

しかし櫻井翔「サクラップのある曲は売れない」と自虐

5/18発売、嵐のシングル「Daylight」

松本潤主演のTBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(毎週日曜21時~)の主題歌

シングルでは4年ぶりの“サクラップ”を披露!!

12年の「Face Down」以来、シングルでは4年ぶりの“サクラップ”となり、発表時にはファンから歓喜の声が続出していた。

久しぶりにサクラップが聞けて嬉しい サクラップ好き!

今回の嵐の新曲は久しぶりにベタな感じでサクラップもあっていい感じですね。

松本潤からの依頼で“サクラップ”挿入!

もともとはラップのない曲だったそうですが、櫻井はドラマの主演を務める松本から主人公の『パーソナルな視点がほしい』と依頼され、ドラマの台本を2話分読んだ上で歌詞を書いたとか。

櫻井本人もびっくり!?

すでに決まっていたシングル曲を“工事”するのはハードルが高かったようで、『だからうれしいっていうより、最初はおどろいたって感じかな』などと話していました」

1 2





modumoduさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう