1. まとめトップ

大きいのがウマいワケでもない⁈美味しい『あさり』の見分け方

酒蒸しに味噌汁…バター炒めにパスタに!とってもおいしい「あさり」。どんなあさりが美味しいかご存知ですか?美味しいあさりの見分け方を調べてみました^^

更新日: 2016年05月27日

2 お気に入り 15686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ばぁ~やさん

あさりの酒蒸しに…

あさりのお味噌汁!おいしいですよね。
バター焼きも美味しいし、パスタとの相性も抜群なあさり。

あさりの旬は年2回

あさりは3~5月の春と9~10月の秋ごろに旬を迎えます。

春の産卵を控えた時期は、身が肥えておいしい。潮干狩りのピークも3月。あさりは秋にも産卵をするため、9~10月もまた旬といえる。

美味しいあさりってどんなの?

▼産卵期を超えたものはイマイチ

アサリは海水の温度が20度前後になる春と秋に産卵をします。

関東のアサリは5月に産卵期を迎えます。産卵にはたくさんのエネルギーを使うので、アサリはその前にたくさんの獲物を食べて栄養を蓄えます。

▼平べったいほうがおいしい!

厚みのあるあさりのほうが良いような気もしますが、実は平べったいあさりのほうが貝の中で実がしっかり大きくなっているようです。

本当に!厚みのあるもののほうがおいしいのかと思ってました。

▼模様のはっきりしてるもの!

殻が横に長く、模様がはっきりしているもの。殻にひびが入っていたり割れているものは弱っている。

貝殻の色が白黒、水色、茶色、紫色など模様や色がはっきりしているもの。反対に、全体的に黒っぽい色のものはあまり美味しくありません。

環境のよいアサリは殻がうすくて模様がはっきりしているが、環境の悪いアサリは殻が厚く身が細くなっている。

3~4歳のあさりがベスト!

えっあさりの年齢ってどこで見るのと突っ込まれそうなので、それは貝に入っているすじから判断します。毎年すじが入るので、それが3本とかのあさりということです。

店頭では大ぶりのアサリを売りにしているのを時々見かけます。なんとなく、大きなものほど美味しそうと感じる人もいると思いますが、じつはその反対。大きくなりすぎると身が痩せて水分を含む量も減るため、ジューシーさがなくなり食感が悪くなってしまいます。

1 2