1. まとめトップ

【WTA女子テニス:超速報】大坂なおみ最新情報(チャイナオープン初優勝)

大坂なおみさんの活躍や最新情報についてのまとめ。随時更新中。

更新日: 2019年10月07日

1 お気に入り 543978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mas1satoさん

◇チャイナオープン:2019年9月28日~10月6日

・大坂なおみ 逆転勝ちで中国OP初V、女王バーティ撃破。世界ランク3位浮上が確定

シングルス決勝が行われ、第4シードの大坂なおみが第1シードのA・バーティ(オーストラリア)を3-6, 6-3, 6-2の逆転で破り、大会初優勝を果たした。さらに7日に発表される世界ランキングで、現在の4位から1つ上げて3位へ浮上することが確定した。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010012-tennisnet-spo

・大坂なおみ 決勝進出

第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第16シードで前年優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦。6-4、6-2で大坂が勝利し、自身初の同大会決勝進出を果たした。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000001-tennisd-spo

もう一方の準決勝では、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が第8シードのキキ・バーテンズ(オランダ)に6-3、3-6、7-6(7)で勝利。自身初の同大会決勝進出を果たし、これでバーテンズに対して5連勝となった。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000001-tennisd-spo

・大坂なおみ ベスト4進出

第4シードで出場している大坂は準々決勝で第5シードのB・アンドレースク(カナダ)を逆転で破り、2年連続2度目のベスト4進出を果たしている。準決勝では第16シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00010001-tennisnet-spo

・大坂なおみ 中国OP8強

シングルス3回戦が行われ、第4シードの大坂なおみが世界ランク24位のA・リスケ(アメリカ)を6-4, 6-0のストレートで破り、2年連続2度目のベスト8進出を果たした。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00010005-tennisnet-spo

準々決勝では、第5シードのB・アンドレースク(カナダ)と世界ランク66位のJ・ブレイディ(アメリカ)の勝者と対戦する。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00010005-tennisnet-spo

・大坂なおみ 完勝で中国OP3回戦進出

シングルス2回戦が行われ、第4シードの大坂なおみが世界ランク82位のA・ペトコビッチ(ドイツ)を6-2, 6-0のストレートで破り、3回戦進出を果たした。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00010006-tennisnet-spo

3回戦では、世界ランク24位のA・リスケ(アメリカ)と同52位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)の勝者と対戦する。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00010006-tennisnet-spo

・大坂なおみ 2年連続初戦突破

シングルス1回戦が行われ、第4シードの大坂なおみが世界ランク76位のJ・ペグラ(アメリカ)を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し、2年連続2度目の初戦突破を果たした。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010006-tennisnet-spo

◇東レパンパシフィック:2019年9月19日~22日

・大坂なおみが東レPPO初優勝。全豪OP以来8ヵ月ぶり4個目のタイトル獲得

女子シングルス決勝で、第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界41位のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦。6-2、6-3で大坂が勝利し、同大会初優勝を飾った。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00000005-tennisd-spo

・大坂なおみ 3度目の決勝進出、日本人24年ぶりV王手

シングルス準決勝が行われ、第1シードの大坂なおみが第9シードのE・メルテンス(ベルギー)を6-4, 6-1のストレートで下して2年連続3度目の決勝進出を果たし、日本人で1995年の伊達公子以来24年ぶりの優勝に王手をかけた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00010006-tennisnet-spo

前日の雨による悪天候の影響で1日2試合のダブルヘッダーとなった大坂は、同日の準々決勝で世界ランク36位のY・プチンセワ(カザフスタン)をストレートで破っていた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00010006-tennisnet-spo

決勝では、第4シードのA・ケルバー(ドイツ)と世界ランク41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)の勝者と対戦する。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00010006-tennisnet-spo

・大坂が大阪で勝つ。いいんじゃない

シングルス2回戦が行われ、大会初優勝を狙う世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が初戦を迎え、予選勝者で同ランク181位のビクトリア・トモバ(ブルガリア)を7-5、6-3のストレートで下し、20日の準々決勝進出を決めた。

出典https://www.msn.com/ja-jp/sports/tennis/

◇全米オープン:2019年8月26日~9月9日

・大坂なおみ「とても残念」 全米OP4回戦敗退でV2ならず、世界ランク1位陥落が確定

女子シングルス4回戦が行われ、第1シードの大坂なおみは第13シードのB・ベンチッチ(スイス)に5-7, 4-6のストレートで敗れてベスト8進出を逃し、2連覇とはならなかった。試合後の会見では「この結果は、とても残念」と語った。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010002-tennisnet-spo

1 2 3 4 5 ... 28 29