1. まとめトップ
6 お気に入り 95509 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パチンコのルーツといわれているコリントゲーム。
元々は欧米で発祥し、日本には大正の末期から昭和初期に輸入されてと言われている。
遊び方はスマートボールの様に弾いて遊ぶのだが、1銭銅貨弾いて遊ぶ遊技機が人気を博した。
しかし1銭銅貨には皇室の紋章が入っていた為、銅貨を遊技機に使用してはいけないと禁止令がでた。

1920年代(大正9年~昭和4年)

1銭パチンコが登場。(1銭銅貨=1玉)

1930年代(昭和5年~昭和14年)

昭和5年
名古屋で日本初となるパチンコ店が営業許可を取得し営業を開始する。
パチンコがヒットし過ぎて大阪で禁止となる。
昭和6年
福岡でも禁止となる。
昭和11年
スチールボールを使った単発機「スチールボール野球機」登場。
昭和12年
日中戦争が始まりパチンコ店の新規営業が出来なくなる。
現在と同じ鋼球式のパチンコが登場。

1940年代(昭和15年~昭和24年)

昭和15年
パチンコ台の製造が禁止となる。
昭和16年
景品としてタバコの提供が禁止となり、代わりに入浴券や電車の回数券が提供される。
昭和17年
パチンコ自体が全面禁止となる。
昭和20年
戦争が終わると軍事用の7/16インチ(11.11mm)のベアリング球が必要なくなり大量に放出されパチンコ用遊技球に流用される
昭和21年
名古屋市内のパチンコ店は11店舗。
昭和22年
名古屋市内のパチンコ店は104店舗となる。
昭和23年
正村竹一氏が『正村ゲージ』を考案。
同一数の賞球が出るオール物を考案。
『風俗営業取締法』施行で、都道府県条例による許可営業となる。
貸玉料が1個1円になる
昭和24年
丸新物産設立(ニューギン)
貸玉料が1個2円になる

1950年代(昭和25年~昭和34年)

昭和25年
竹屋商会設立(竹屋)
昭和26年
西陣設立
昭和27年
遊技場が3万軒を超えた。
京楽設立
大一商会設立
昭和28年
オール20連発式が登場。
昭和30年
スマートボールがブームになる。
昭和33年
雀球登場。
藤商事創業(設立は1966年:昭和41年)

1960年代(昭和35年~昭和44年)

昭和35年
役モノの「チューリップ」が登場。
豊丸創立
平和創立
日本遊技機工業協同組合が結成
昭和36年
換金システムの原点となる大阪方式が府内でスタート。
昭和39年
風俗営業取締法の一部改正で、18歳未満のパチンコ店への立ち入りが禁止される。
昭和40年
オリンピアマシン(パチスロの前身)登場。
遊技場軒数が1万2000店に増加し大型化も進む。
三共(SANKYO)創立
昭和41年
全国遊技業協同組合連合会(全遊協)が結成
昭和43年
景品の上限額が500円になる。
昭和44年
1分間に発射される玉は100個以内、出玉は1回15個以内に規制される。

1970年代(昭和45年~昭和54年)

昭和45年
遊技場軒数が9500軒に下落。
昭和47年
貸玉料が1個3円になる。
昭和48年
電動ハンドルが登場する。
景品の上限額が1000円になる。
タイヨーエレック創立
昭和49年
電動役モノが登場する。
昭和50年
サミー設立
昭和52年
景品の上限額が1500円になる。
テレビ付きパチンコの登場。
3メダル5ラインのスロット機登場。
昭和53年
貸玉料が1個4円になる。
パチンコの日(11/14)を制定。
第1回全国パチンコ感謝デーを実施。
昭和54年
高尾設立
三星設立(サンセイR&D)

1980年代(昭和55年~平成元年)

昭和55年
業界初のデジパチ、三共の『フィーバー』登場。
景品の上限額が2500円になる。
昭和56年
羽根モノの元祖、平和の『ゼロタイガー』登場。
デジパチ設置台数30%規制の実施。(組合の自主規制)
パチンコ店の売上推計が3兆円を突破。
昭和57年
アタッカーの最高継続回数が10ラウンドまでに規制される。
昭和58年
大同設立(ビスティ)
昭和59年
デジパチのアタッカー開放時間が30秒から15秒に規制される。
昭和60年
新風営法(=旧要件)が施行され、型式検定試験が開始される。
デジパチでアタッカー内の10カウント規制が実施される。
(大当たり確率1/200の1300発機の登場)
保安電子通信技術協会(保通協)によるパチンコ機の検定制度開始。
昭和62年
おまけ付きデジパチの登場。
昭和63年
平和がパチンコ業界初となる株式公開。
大手資本の業界参入が始まり、プリペイドカードシステムの「日本レジャーカードシステム株式会社」(LEC)が設立される。
東洋商事設立(フィールズ)
平成元年(昭和64年)
プリペイドカード導入反対の業界団体が政治家に献金攻勢をかけた「パチンコ疑惑」が発覚。
その後、導入を促進する法案が可決された。
日本遊技関連事業協会(日遊協)設立

1989年に平和より初の液晶搭載機として登場。
当時の1台あたりの価格は100,000円を超え話題となった。
後に、Ⅱ・Ⅲとシリーズも発売。

1990年代(平成2年~平成11年)

平成2年
『新要件』の施行。(デジパチ16Rまで、羽根モノ15Rまで等)
おまけチャッカーと一発台が絶滅した。
プリペイドカードシステム導入開始。
デジパチ設置台数30%規制の撤廃。

独占禁止法を回避する為?!
東日本は日本レジャーカードシステム(LEC:PAQY)
西日本は日本ゲームカードシステム(GC:PANY)
と、2社でスタートした。
現在は日本ゲームカード株式会社(三共)となる。

平成3年
年頭から『新要件』機種が続々と発表される。
業界初となる液晶カラーモニター搭載の「麻雀物語」登場。
3回権利モノ「エポック(平和)」の登場。
第1回全国パチンコファン感謝デーを開催。

平和から発売となった、業界初のフルカラー液晶を搭載した麻雀物語。

平成4年
ブラボーキングダム等の登場で連荘機が全盛期を迎える。
CR機1号機の『CRフラワーショップ』が京楽から登場する。
平成5年
CR機の『CR花満開』が大ヒットする。
『ダービー物語事件』により連荘機が自粛される。

ソフィアが開発し西陣より販売されたCR花満開。
スペックはは1/269で確変2回ループ。
当時のパチンコ機には設定があった。

平成6年
確変2回ループの爆裂機『CR黄門ちゃま2』が大ヒットする。
初の時短機「エキサイトレディー2(ニューギン)」が登場。
平成7年
保通協が「諸元表」の提出を義務化する。
CR権利モノ「CRギンギラパラダイス」の登場。
プリペイドカード偽造の深刻化により「受付機」が登場する。
パチンコの売上が30兆円を突破。
平成8年
業界4団体から構成されるの「遊技業2001年会」が、現金連荘機を中心とした「社会的不適合機」96機種を発表する。
日工組の内規が改定され、10月1日より保通協に持ち込まれるCR機に「5回リミッター」が義務付けられる。
プリペイドカードの互換性が廃止され、ハウスカード化する。
平成9年
社会的不適合機の撤去開始。
5回リミッター付きの「新基準機」の導入開始。
平成10年
5回リミッター機の不人気により市場が低迷。
平成11年
内規改定で1月13日より保通協に持ち込まれるCR機から5回リミッターが撤廃され、幅広い機種の登場が可能になる。
「’99基準機」の第一号は『CRFゼウスSX』。
その後、確変2/3タイプの『CR妖怪演芸FN』、確変回数限定タイプの『CRFゴーストSP』、数珠つなぎ連荘タイプの『CRジャングルパークXLTD』等も登場する。

2000年代(平成12年~平成21年)

平成12年
99基準の規則に沿った3回権利の『CRスーパーコンビSP』が登場するが短期間で撤去される。
ホールは海物語3タイプ一色になる。

かつてファンを熱狂させた役物「三つ穴クルーン」が、14年の時を経て復活。あの名機が、出玉満足度の高い3回セットの権利物として蘇った。 ゲームは、まずクルーンへ玉を入れることからスタート。手前の穴に入れば上部2桁デジタルがスタートし、33か77で大当り。左図柄がカウントダウンしながら停止すればリーチの予告で、リーチアクションもノーマル含め4パターン搭載されている。 大当り中は右打ちで消化。2回目、3回目は中央下部電チュー(※左のスルー通過で開く)開放時間が大幅延長されるため、クルーンを経ずにデジタルを回転させることができる。

平成13年
『CR天才バカボンV』と再販された『CR海物語』が人気を独占。
ネットより初のST機ブラックジャック777が登場。
パチスロ機の設置が130万台を突破。AT機全盛期へ。

株式会社ネットが自信を持って開発したボーナス・ストック機能を搭載しております。簡単に言うと、ビックボーナスの内部当選中にもボーナスの抽選を行っており、当選したボーナスをどんどん貯金していく。

1 2