1. まとめトップ

中国の歴代トップ国家主席を紹介 (最高指導者)

中国の歴代の最高指導者を紹介します。

更新日: 2016年05月27日

2 お気に入り 37395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ssszさん

中国

東アジアに位置する主権国家である。同国は、13億5千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。同国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。

歴代最高指導者

初代 国家主席 毛沢東(もう たくとう)

中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席と中央軍事委員会主席を務めた。日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追いやり、中華人民共和国を建国した。

2代目 国家主席 鄧小平(とう しょうへい)

中華人民共和国を建国した毛沢東の死後、その後継者である華国鋒から実権を奪い、事実上の中華人民共和国の最高指導者となる。

3代目 国家主席 江沢民(こう たくみん)

鄧小平引退後の中国の最高指導者で、中国共産党中央委員会総書記、中華人民共和国主席、中国共産党中央軍事委員会主席、中華人民共和国中央軍事委員会主席を務めた。

4代目 国家主席 胡錦濤(こ きんとう)

江沢民引退後の中華人民共和国の最高指導者で、第4代中国共産党中央委員会総書記、第5代中国共産党中央軍事委員会主席、第6代中華人民共和国主席、第3代中華人民共和国中央軍事委員会主席を務めた。

5代目 国家主席 習近平(しゅう きんぺい)

第4世代の最高指導者であった胡錦濤の後任として、2012年より第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代中国共産党中央軍事委員会主席、2013年より第7代中華人民共和国主席、第4代中華人民共和国中央軍事委員会主席を務め、中華人民共和国の最高指導者の地位にある。太子党のひとりで、父は習仲勲

1