1. まとめトップ

これは酷い! 変な名前を付けられた動物たち8選

変な名前を付けられた動物たちをまとめました。スベスベマンジュウガニ インターネットウミウシ ピグミーネズミキツネザル カワテブクロ ババア トゲナシトゲトゲ オジサン

更新日: 2016年05月28日

ひもろぎさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4419 view
お気に入り追加

麻痺性貝毒成分のゴニオトキシン、サキシトキシン、ネオサキシトキシン、フグ毒のテトロドトキシンなどを併せ持つが、生息地によって成分の構成比、毒量が大きく異なる。人間の致死量を軽く越える個体もいるから注意が必要だ。

体の模様がコンピュータネットワークの構成図みたいなことからインターネットウミウシと名付けられたようですが、この名前を最初に聞いた多くの人は、インターネットって言葉を聞きかじった人がうっかりこんな名前を付けちゃったんだろなぁ的な、ほろ苦さを感じたんじゃないだろか。

ネズミ?キツネ?いいえ、サルです。
ちなみに体長は6〜7cmで世界最小種です。

とんがっている部分が独特・・・

ゲンゲという名前があるのですが、スーパーでババ、ババア、ババチャンなどの名前で売られています。

出典i.yimg.jp

田中茂穂は1955年に小笠原での呼び名、オジイサン(老翁)を採用したしている。同年松原喜代松が小笠原ではオジサンとも呼んでいたということで変更。詳細は不明。
どちらにしても下あごのひげから「おじさん」を連想したもの。

1





いろいろまとめます。
1日1回、今日は何の日かをまとめてつぶやいています。

https://twitter.com/kyohanannohi365