1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

6月公開の映画の主役達がヤバい…個性的スギる…

映画の中のキャラだと理解しているヒーローから蛭子能収の任侠モノ、ゴーストライターで一躍注目を集めた現代のベートベン佐村河内守に、AV女優の世界、変わった大学教授に現代にタイムスリップしたヒトラー、43歳のガチオタに双子の伝説的ギャング。個性豊かな6月公開の映画の主役たち。

更新日: 2016年06月11日

patanusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
243 お気に入り 155807 view
お気に入り追加

帰ってきたヒトラー 2016年6月17日 公開予定

監督
デビッド・ベンド
製作
クリストフ・ムーラー
ラース・ディートリヒ

出演者
オリバー・マスッチ
ファビアン・ブッシュ
クリストフ・マリア・ヘルプスト
カーチャ・リーマン

上映時間116分

歴史上“絶対悪”であるヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターになるという絶賛と非難の爆風をくぐり抜け、国内で250万部を売り上げ、世界42か国で翻訳、権威あるタイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた問題小説が原作

物語は、ヒトラーが2014年のドイツにタイムスリップしてきた…という設定。完全に浦島太郎状態で、「今は何年だ!?」とドイツの有名観光地で聞いてまわり、狼狽えるヒトラー。

コミカルな物語の反面、ナチズムを標榜し第2次世界大戦へと突き進んでいったヒトラーが、自身の思想を現代で実現させるべく民衆を扇動する姿が映し出される

好きにならずにいられない 2016年6月18日 公開予定

監督
ダーグル・カウリ
脚本
ダーグル・カウリ
撮影
ラスムス・ビデベック

出演者
グンナル・ヨンソン
リムル・クリスチャンスドッティル
シグルヨン・キャルタンソン
マーグレット・ヘルガ・ヨハンスドッティル
アルナル・ヨンソン

上映時間94分

43歳独身で女性経験なし、内気な大男の恋の行方を描き、世界各国の映画祭で絶賛されたアイスランド発のドラマ。

気付けば彼を好きになり、応援せずにはいられないような、どこか魅力のある男、フーシ。200kgを超える大きな体と心優しく愛らしいキャラクターのアイスランド人、俳優グンナル・ヨンソンが演じる

本作はデンマーク、スペイン、モロッコ他各国の映画祭で観客賞や主演男優賞を続々と受賞、ついには2015年の北欧映画NO.1を決定する「ノルディック映画賞」の栄誉に輝いた話題作。現在も各国の国際映画祭に招待され、快進撃を続けている。

レジェンド 狂気の美学 2016年6月18日 公開予定

監督
ブライアン・ヘルゲランド
脚本
ブライアン・ヘルゲランド
撮影
ディック・ポープ
編集
ピーター・マクナルティ
音楽
カーター・バーウェル

出演者
トム・ハーディ
エミリー・ブラウニング
デビッド・シューリス
クリストファー・エクルストン
タロン・エガートン
ポール・ベタニー

上映時間131分

ロンドンの裏社会で「伝説」と呼ばれた双子のギャングスター・クレイ兄弟の実話をもとにしたクライムサスペンス。60年代のロンドンで暗躍した彼らの真実の姿を描く。

クレイ兄弟を一人二役で演じるのは、日本でも絶大な人気を獲得したトム・ハーディ。スマートでビジネスの才能に長けているが、実は歪んだ凶暴性を秘めたレジーと、精神的に不安定で衝動的な暴力癖のあるロニーという双子を、圧倒的な演技力で演じ分け、9つもの映画賞で男優賞にノミネート。

撮影期間はわずか50日。そのうちトム・ハーディのスケジュールがおさえられている日数は35日という大変厳しいものだった。トム・ハーディは35日間で二役ともすべて撮り終えなければならなかったため、彼の撮影は、毎日その日のシーン数の多い方の役から始まった。

デッドプール 2016年6月1日 公開

監督
ティム・ミラー
脚本
レット・リース
ポール・ワーニック
出演者
ライアン・レイノルズ
モリーナ・バッカリン
エド・スクライン
ジーナ・カラーノ
T・J・ミラー


上映時間 108分

GACKTお気に入りは、「SMのシーン」だそうで、「ヒーローなのにって思うけれど、けっこうはまった。ツボでした」とマニアックに推奨。

「2016 MTVムービー・アワード」 ライアンが 最優秀コメディ演技賞を受賞、さらには「デッドプール vs エイジャックス」の笑っちゃうほど アクロバティックな戦いが最優秀バトル賞に輝き、2部門受賞の快挙を成し遂げた。

デッドプール良い編集だったなぁ アクションとコメディとラブストーリーの配分が絶妙で男子も女子も飽きさせない作りになってる。しかし錐揉み回転やりすぎ笑 ジャッキー並みに回ってたわ #歩きっ屁

吹き替えで、デッドプール観てきました。下ネタの本気具合では吹き替え、バンバンぶっぱなされるネタの捕まえやすさでは字幕。甲乙つけるのは無理なので、自身のスケジュールにあわせての選択で、いいんじゃないでしょうか。

1 2 3





patanusさん

映画を中心に、ジャンル分けとスポットを当てたい役者さんの映画関係を。

このまとめに参加する