1. まとめトップ

自分だけの意見じゃ納得してもらえない。

ちっぽけな自分、そんな自分の意見を相手にわかってもらう為に必要な事。

更新日: 2016年05月28日

3 お気に入り 844 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nemusumeさん

私がもし有名人だったしたら、私の言葉は色んな人に届くだろう、しかし私は有名人ではない。
だから、同じような意見の人を集めたり。医者や学者などの根拠をある理由を提示したりしなければいけない。

以下に相手を納得させる3つのポイントを紹介!

1,根拠を用意する

良い意見とは、“納得できる根拠を持つ”意見だ。論理的で科学的な根拠を用意し、説得力を高めたとき、相手を納得させられる。

人は選択を強制されることを嫌います。なので、本人に納得して決定してもらうためには、判断材料を提供する必要があります。つまり、選択を迫るのではなくて、材料だけを与えて自分で決めてもらうわけです。

2,感情論ではダメ

①感情論とは、主張の正当性を支えている最大の論拠が自身の感情であるような議論のこと。

②討論における個人的な感情論は、審判を納得させられない=オウンゴール。だから個人的な感情論は避けなくてはならない。

社会的な場において「感情論」は好ましくないことは容易に想像できます。個人の感情だけをもとに議論することは当然論理性を欠きますし、論理的でない議論を社会的な場でするべきではありません。

感情論は自分だけの意見だからダメですが、それがデータとして大多数集まれば立派な意見や根拠となります。

3,比喩を使い、相手の脳に訴えかける。

相手が思い浮かぶであろう話を選ぼう。

人間には、イメージを浮かべる能力がある。直接目にしなくても、イメージを浮かべることによって視覚を刺激される。人を説得する場合、イメージが浮かびやすいように表現すれば、視覚が刺激されて、相手も説得されやすくなる。

話の上手い人はたとえ話が上手だと感じる。相手のことを思って、わかりやすく理解しやすいところまで落ちてきてくれる。

まとめ

まず根拠を用意して、余裕があれば比喩表現で訴えかけるのがベスト。

まとめサイト

当サイトと同じ考えを持ったサイト記事をまとめてみました。

1