1. まとめトップ

ロボットやAIが人の仕事・雇用を奪う日が近いらしい

ロボット・AIのテクノロジー発展は目まぐるしい。生活が豊かになり便利にな時代だ。お掃除ロボットに自動運転。しかしその裏には人間による作業、仕事がロボットへシフトし、雇用が減ってしまうのだ。それは近い将来、いやすでに始まっている!らしい!

更新日: 2016年05月29日

0 お気に入り 1446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■テクノ失業

人間の歴史では、テクノロジーの進化によって人が仕事を奪われるというシーンが繰り返されてきた。18~19世紀の産業革命では、機械化によって農民や手工業者が失業し、1960年代のオートメーション化でも、多くの工場労働者が職を失っている。
そして最近、盛んに言われているのが「テクノ失業」だ。コンピュータやインターネット、さらには今後の普及が予想されるロボットやAI(人工知能)の登場で、単純労働者のみならず知的労働者の仕事までもがテクノロジーに取って代わられる――そんな恐怖のシナリオが、現実になりつつある。
野村総研の試算によると、国内の601種類の職業のうち、実に49%が10~20年のうちにAIやロボットで置き換えることが可能だという。そこに待ち構えるのは、どんな未来なのだろうか……?

■アメリカではすでに侵略が始まっている

IT先進国のアメリカでは、すでに「テクノ失業」が社会問題になっている……と話すのは、25年間の滞米経験を持つジャーナリストの堀田佳男氏。
「オバマ政権下では失業率が減少したかのように喧伝されているアメリカですが、職業安定所への登録がないために捕捉されていない失業者も多く、実態としては25歳~54歳の働き盛りの男性の10%前後が失業者だと言われます。その主要因と考えられるのが『テクノ失業』なのです」
レイオフ(一時解雇)という建前でのクビが横行するアメリカでは、コスト削減のために人間を機械に置き換えるなど日常茶飯事。
「例えばテラーと呼ばれる銀行の窓口業務は、ネットバンキングに移行しつつあり、全米のテラー数は’01年~’09年にかけて約70万人も減少しました。また、同じ時期に、製造業でもロボットの導入などによって約270万人の職が奪われています」

■Google 前CEO ラリー・ペイジが

必ず起こると断言していることは、人工知能の急激な発達により、現在日常で行われている仕事のほどんどをロボットが行うというもので、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろうと述べています。
「テクノロジーは仕事の効率を10%向上させるものではなく、効率を10倍良くするものです。あなたの生活は今よりも劇的に良くなり、生活にかかるコストも信じられないほど安くなるでしょう。」

マクドナルド 前CEOエド・レンシも

「わたしは昨日、全米レストラン協会の展示会(National Restaurant Association Show)に出かけ、レストラン業界に導入されるロボット装置を見てきました。それで理解したのですが、フライドポテトを袋に詰めるだけで時給15ドルも払わなくてはならない労働者を雇うより、3万5,000ドルのロボットアームを買う方が安いのです」
司会者に問われたレンシ氏は、ファストフード・レストランのようなフランチャイズビジネスは、すでにオートメーションに向けて走り出していると考えていることを認めた。そして、こうしたビジネスは現在のところ技能の低い労働者に頼っているが、彼らはその技能を改善しなければならない、と付け加えた。「オートメーションは、好むと好まざるとに関わらず起こることなのです」

■Twitterでは

別にいいじゃん。最低賃金を1500ドルないしそれ以上に上げて、法人税も上げて、失業者には失業手当を支給したらいいんだよ。機械に仕事を奪われる人は今後どんどん増えるんだから、早くそういう仕組みを作らないと。 / “ロボットが人間の…” htn.to/h5XJSL

何を人の価値とするかって話だとこの通りかもね。ポテトを揚げて袋に入れて出すなら機械で十分。人の価値とは何かってことを考えてほんとに無いのであれば機械で良いと思うけどそうじゃないと思うよ。 / “ロボットが人間の仕事を奪う「最低賃…” htn.to/SU5NWCp

AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろNewsweekjapan「AIやロボットが人間の仕事を奪うようになる」という話をすると、「今ある仕事がなくなるだけ。代わりに別の仕事が登場するはず」と反論する人が… ift.tt/1s5aBvI

ロボットやAIが進化すると人の仕事を奪う説について、しばし考察してみた。今ある仕事で未来のロボットやAIができなさそうなもの…思いつかんかったわ(笑)。そこは楽観的に仕事から解放されるわけで、できた時間の余裕で人は何をするでしょうね。そいつを極めれば、新しい仕事となると思います。

■では未来の仕事・仕事像とは

ロボットは未だ、交渉や説得といった複雑なタスクをこなす能力を持っておらず、問題解決能力に比べて、新たなアイディアを生み出す能力に劣る。つまり、部下を持つマネージャーや看護師、アーティストや起業家等、創造性や感情的知性、社会性が要求されるような仕事はすぐにはなくならないだろう。
そして私たちは、テクノロジーが上手く機能したときの高揚感と、上手く機能しないときの不満感について良く理解している。最先端のテクノロジー企業でさえ、人間が所属するカスタマーサポート部署を完全には閉鎖していない。何か問題が起きたときに、それを解決するのは多くの場合人間だからだ。

「人とロボットがともに仕事をする職場ということになれば、人も働き方そのものを変えていく必要がある。ロボットが行うことで、より生産性は高くなることは確実で、そうなれば、人が担うべきところは、より高度なものとなる。企業はそうした時代の到来に向け、対応する準備を進めていく必要がある」

一流のミュージシャンが「俺は音楽が大嫌いだ。ギターも大嫌いだ」なんてわけ、ないじゃないですか。やっぱり彼らは、音楽が大好きなんですよ。
そして、大好きであるがゆえに、ほとんど「遊び」の感覚で、「努力」することができます。
ギターが本当に好きだから、丸一日、丸一週間だって、ギターと戯れることができます。その結果として、圧倒的な能力を得ることができ、一流に近づき、音楽が「仕事」になるんです。

こういう話をすると「そんなこといっても、好きなことが仕事にならないことだってあるじゃないですか」という頭の悪そうな反論をもらいます。
何を言っているんですか。
そう思うのなら、むしろそれはチャンスですよ。
他の人も同じように考えているはずで、ということは、ブルーオーシャンですから。むしろ、あなたがそう思うことの方が、世の中的には仕事にしやすいですよ。
今はですね、10年前と時代が違うのですよ。多くの人は、そこがわかっていない。
「ディズニーランドが大好きで、毎週のように行っている人」だって、それを仕事にできますよ。余裕のよっちゃん。ぼくなら一瞬で収益化できる自信があります。
え?どうするか?
簡単ですよ。ブログとかYouTubeやればいいんです。Kindle、noteでもいいでしょう。

1