1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

たこらんさん

主人公。「黒い剣士」の異名を持ち、巨剣「ドラゴンころし」を振るう。右目と左腕を失った全身傷だらけの剣士。ゴッドハンドと使徒への復讐のために各地を放浪している。キャスカを「守る」ことと、グリフィスに「挑む」ことを魂に問いつづけていく。

鷹の団、新生鷹の団団長で超越者ゴッドハンドの1人。ガッツの復讐の旅の宿敵。ガッツと共に唯一の親友だった。

かつてガッツと反目しあったが、戦いの果てに結ばれた「愛する者」。「 蝕 」の際にゴッド・ハンド「フェムト」に心を壊されてしまい、今は夢と現の狭間に生きる。

妖精郷出身のエルフ。ダーツの標的として盗賊に玩ばれていたところをガッツに救われ、勝手に鞄に住み着き行動を共にするようになる。

霊樹の館に棲む魔女フローラの下で修行を積んでいた魔女の少女。師の命でガッツ一行に同行する。

出典pin.it

「黒い剣士」ガッツを追っていた貴族騎士団の女性。やがてガッツと共に旅することになる。大富豪で名門貴族ヴァンディミオン家の令嬢。

ファルネーゼに付き従う従者の青年。主の意向に伴い騎士団を抜けガッツ一行に加わる。ファルネーゼの異母兄にあたるが、彼女はこの事実を知らない。

最強の剣士になると息巻いて生まれた地を飛び出すも、程なく生きるためにスリなどをして糊口をしのいでいた少年。ガッツと出会い同行する

航海の途中でガッツ一行が立ち寄った島に住む漁師の娘。父親は母(人魚)の存在を言い残し他界。住民から疎まれ孤独に暮らしていたがガッツ達との出会いで能力を覚醒させる。

シールケのお目付け役の少女エルフ。パックと同じく羽精の一族で、羽根に強力な治癒作用のある鱗粉を持つ。

元聖鉄鎖騎士団副団長。ファルネーゼやセルピコ脱退後、自身も責任を負う形で職を辞し、食うや食わずの生活だったがガッツ一行に再会し同行するようになる。

北方の国イースの王位継承権第3位王族にして海軍士官であり艦長。卓越した指揮力で「航海王子」の異名を持つ。ファルネーゼの婚約者。

ファルネーゼの兄。大富豪で名門貴族ヴァンディミオン家の三男。ロデリックとファルネーゼの政略結婚を画策する。ロデリックと共に、妹とその仲間を乗せ出航する。

鷹の団メンバーの中で唯一「蝕」に遭わずに生き延びた青年。ガッツの旅に同行する事を止められ、鍛冶屋となりエリカの元に残る。新生鷹の団のグリフィスと再会し改めて決別する。

ゴトーの養女。戦争孤児であったところをゴトーに保護される。ガッツとキャスカの身の回りの世話をし、彼らが旅立った後はリッケルトと行動を共にする。

かつて妖精が棲んでいたという鉱山で鍛冶屋を営む鍛冶職人。腕は非常に良くガッツの大剣「ドラゴンころし」を作った人物。エリカの養父でリッケルトの師匠。

「ゴッド・ハンド」を追い続ける復讐者。ガッツとは縁があり、しばしば彼を助け導いている。

300年に渡り闘争と殺戮の日々を続け、死んだと噂される度に他の戦場に姿を現すことから、「不死のゾッド」と異名が付き、傭兵の間では軍神とされている。新生鷹の団の中核的存在。

新生鷹の団幹部の1人。「鷹の巫女」としてグリフィスを補佐する少女。千里眼や念話、預言等の能力を持つ。

「月光の騎士」の異名を持つ戦魔槍騎兵隊隊長。新生鷹の団幹部の1人。

新生鷹の団幹部の1人。卓越した弓の名手。

新生鷹の団の1人。「夜魔」。バーキラカ一族から追放された過去を持つ正体不明の人物。

ミッドランド南方にあるルミアスの若領主。クシャーンとの戦で新生鷹の団に助けられグリフィスの配下となる。

「炎の巨竜」の異名を持つ新生鷹の団幹部で巨人兵部隊を率いる。

ミッドランド王女にして第1王位継承者。グリフィスと婚姻を誓い合う身。

夢の中に現れた白い鷹に自らの運命を直感し「鷹」の信奉者として率先してグリフィスを崇拝する。

「恐帝」の異名をもつクシャーン帝国大帝。暴虐を尽くし乱世を切り抜け地上最大の帝国を築き上げた。魔神となりグリフィスと対峙するが、世界の理の破壊を引き起こす。

1 2