1. まとめトップ
  2. カラダ

目元がショボショボしたら。自分でできる疲れ目ケア5選

「目が疲れた」という症状は軽く見られがちですが、放っておくと後々に悪影響もあります。疲れ目を感じた特に簡単にできる疲れ目対策を紹介します。

更新日: 2016年05月29日

394 お気に入り 69200 view
お気に入り追加

日ごろ目の疲れを感じる時ってどうしていますか?

疲れ目の症状が気になるときに、自分でできる回復方法のお話です。

厚生労働省が行った調査によれば、身体的な疲労を感じる部位、断トツ1位は“目の疲れ・痛み”です。

疲れ目のない強靭な眼球が欲しい… チタンとかクロモリのやつないんか…

今日は、眼科。 疲れ目で頭がクラクラしたり、具合い悪くなるから、今日はスマホあんまり見ないようにしようっと。

疲れ目による悪影響もあります。

凝視するために目を細めてしまいがち。すると眉間にはシワが寄り、その回数が増えるほどシワが刻まれてしまいます。

ドライアイ目を酷使する人やコンタクトレンズを使っている人がなりやすく、しばしば眼精疲労を伴います。

そもそも疲れ目とは?

いわゆる疲れ目というのは、目のまわりの筋肉が疲れた状態にある(=筋肉疲労)こと。

疲れ目と眼精疲労はどう違うのでしょうか?一晩ぐっすり眠って目の疲れが取れる場合というのは疲れ目です。

ひと口に、“疲れ目”といっても、どのような症状が出ていたら疲れ目の可能性があるの

(1)遠くや近くのピントが合わせにくい
(2)目が痛んだり、ショボショボしたりする
(3)目の表面が乾燥する(ドライアイ)
(4)首や肩、腕、腰の痛みやこり
(5)だるさ
(6)食欲不振
(7)うつ症状

具体的に「疲れ目」をチェックするサイトもあります。

頭痛や肩こり、眼精疲労や視力低下などの問題を引き起こすことも。あなたの「目の疲労度」をチェックしてみましょう。

では、自分でできる疲れ目ケアを紹介します。

・疲れ目対策1:まばたきを意識する

まばたきをするよう意識することで目の乾燥を予防します。お金も手間もかかりませんし、すぐできることです

まばたき体操

1.目をギューっとかたく閉じる
2.その後、目をパッと開く
3.1・2の動作を20回連続でおこなう

・疲れ目対策2:即効性のあるツボとハンドパワーで解消

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう