象の背中 (扶桑社文庫)

原作 象の背中

秋元康による小説

肺がんで余命半年を宣告された48歳のサラリーマン、藤山幸弘が死を迎えるまでの半年間で遺書を残すために自分にかかわった人々を訪ねに行くストーリー。

この情報が含まれているまとめはこちら

韓国ドラマで日本の小説が原作の作品のまとめ

韓国ドラマで日本の小説が原作の作品のまとめ。(随時更新中)ソロモンの偽証,今週、妻が浮気します,帰ってきて ダーリン!,太陽の都市,4TEEN,ハッピーエンディング,ロイヤルファミリー,白い巨塔,雲の階段,恋愛時代~alone in love~,氷点

このまとめを見る