1. まとめトップ

K-POPアイドルグループSHINeeオニュのソロ曲の原点を見つけた!

SHINeeのオニュが歌うソロ曲が、毎回コンサート会場を感動の渦に包みます。そんな彼の原点とも言える映像を見つけました。彼の歌に対する姿勢と、集中力には目を見張ります。

更新日: 2019年10月25日

1 お気に入り 4116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

婦人服のデザイナーです。K-POPを中心に書いています。Google+でもBTSのコミュニティのオーナーや管理人を数多く手がけています。読んでいただけたら嬉しいです。"Maki Midoriのブログ"もよろしくね~

makibaouさん

毎回、SHINeeの公演を見終わった友人達から、オニュのソロが素晴らしかったという声を聞きます。

そして、その公演をyou tube で検索して行く中で、私は若かりし頃のオニュが、パリの観客を前に歌った”トゥーランドット”の映像を見つけました。

パリのファンを感動させた”トゥーランドット”

この映像は、過去にパリで行われた所属プロSMエンターテインメントが開催したライブの模様です。

まだこの曲をソロとして発表し始めという事と、ヨーロッパツアーという事の緊張もあったかもしれませんが、全身全霊を込めて歌い上げる彼の情熱がこの映像から伝わって来ます。

歌い終わったときの顔は、一昨年のソロ"レイニーブルー"のラストで見せた涙を思い出させるような、彼独特の放心したような表情で、この曲にかける思いを強く感じます。大きな感動がホールを震わせているのがわかります。

その素晴らしさは、観客の表情を見てもわかります。歌ももちろんですが、彼という存在自体が人を感動させるのです。

いつもは5人の中の一人という形なので、歌の表現力までは見えてきません。ただソロパートになったときに、なんて質の良い声なんだろうと思っていました。

そんな中、一昨年のソロ"レイニーブルー"を聞いた時には驚かされました。彼の本来の才能を見たと思いました。

一昨年のレイニーブルーは、本家の徳永さんからも絶賛される

「彼の歌にすごく感激した!レイニーブルーを歌い始めた頃の自分に歌い方、姿勢が似ていてレイニーブルーの原点をみたようだ。だから僕も今日は初心にかえって原譜通りに歌いました」これは、本家の徳永さんが、自分のコンサートで語っていた言葉です。

オペラを歌いこなせるか心配でスランプにも陥った

オニュは「僕が思った通りに歌いこなせるかという心配をしたりもした。実際レッスンを受ける途中でスランプに陥ることもあった。そんな時ほど、もっと格好良い姿を見せられたら良いだろうなと自分を引き締めた」と辛かった気持ちを明かしたりもした。

出典http://www.shinee.jp/sp/news/info/2015/1211_001164.php

ポップグループの歌手がオペラの代表作をソロ曲に選ぶというのは、とても勇気のいる事だと思います。でも、彼はその歌で感動を与えられるような人です。

SM所属の人気グループは本当に厳しいレッスンに耐えうるだけの、精神力と身体能力を持っています。その仕事量と練習量の多さは、周囲を驚かせます。

そして、彼の人柄の良さも、ファンはよく理解しています。真面目に真剣に取り組む姿勢は、ファンの尊敬も集めています。

「これはオペラではない」という一部のコメントも読みました。でも、彼の歌は実際に多くの感動を与えてくれます。オペラを見たければ、そこに見に行けばいいのです。


ファンはソロ曲にこんなレベルの高い楽曲に果敢にトライし、それを歌いこなしてしまうオニュという人に、感動しているのですから。

オニュの歌声、そしてソロ曲を歌いあげる姿勢は、何か一本筋の通った彼そのものを感じさせます。真摯に努力すれば、オペラだって歌えるんだ、という希望を私達に見せてくれているようです。

魂を揺さぶられる歌声、その思いは会場を震わせます。


こんな歌手がK-POPのボーイズグループにいるのです。本当に素晴らしいです!

1