1. まとめトップ

チャーチルの名言「○○歳で左翼...○○歳で保守...」はデマ

あいかわらず出回ってるので、簡単に記録しときます。「「公式」が否定してるよ」と使いやすいですし。

更新日: 2020年01月16日

3 お気に入り 13305 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

少し前にフィフィさんのツイートを目にして、「あーまだ出回ってんだこれ...」と思ったのですが

「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない」ーチャーチル
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/647381258742333440

フィフィさんのツイートは「20歳 20歳」ですが、検索してみると、「20歳 40歳」「20歳、35歳」「25歳、40歳」...いろいろありますね。伝言ゲームの激しさでしょうか。

英語で出回ってる文章は↓が多いでしょうか

If you're not a liberal when you're 25, you have no heart. If you're not a conservative by the time you're 35, you have no brain.

(もしあなたが25歳のときにリベラルでなかったら、あなたは心がない。もしあなたが35歳のときまでに保守ではなかったら、あなたは脳がない。)

というか、↑のこの「25歳 35歳」だと、フィフィさんツイートの「20歳 20歳」とはもう全然内容そのものが違ってきちゃうというか、20歳~25歳の間についてはむしろ真逆の内容になってしまうという...出回ってる英文も全然参照できてない、そもそもデマ、と2重にめちゃくちゃですね...おまけに「バカなサヨクと違って保守の自分は利口アピール」なのに。

これらが「あやしい」「出展不明」などあちこちでいろいろ検証されてるようですが、チャーチルの「公式」的なサイトが否定してましたので記録

'If you're not a liberal when you're 25, you have no heart. If you're not a conservative by the time you're 35, you have no brain.'

There is no record of anyone hearing Churchill say this. Paul Addison of Edinburgh University made this comment: 'Surely Churchill can't have used the words attributed to him. He'd been a Conservative at 15 and a Liberal at 35! And would he have talked so disrespectfully of Clemmie, who is generally thought to have been a lifelong Liberal?'

「もしあなたが25歳のときにリベラルでなかったら、あなたは心がない。もしあなたが35歳のときまでに保守ではなかったら、あなたは脳がない。」

チャーチルがこれを言うのを聞いた人の記録はありません。Edinburgh大学のPaul Addisonはこう言いました:「もちろんチャーチルはチャーチルのものとされているこういう発言をできない。彼は15歳のときに保守で35歳のときにリベラルだった! そして、生涯リベラルだったと一般的に思われているClemmie(チャーチルの妻)に超失礼なこと言うか?」

ついでに

「アインシュタインの言葉」と並んで、ウヨい人が引用する「名言」に、トインビーのものとされている「12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」というのがある。国立国会図書館の中の人が調べた結果がこちら:crd.ndl.go.jp/reference/modu…

デマ「アインシュタインの予言」
https://wiliki.zukeran.org/index.cgi?%A5%C7%A5%DE%A4%CE%B8%A1%BE%DA%A5%B5%A5%A4%A5%C8%B0%EC%CD%F7#H-1qcry2c

そもそも、『ヒトはなぜ戦争をするのか?―アインシュタインとフロイトの往復書簡』を読めば、アインシュタインがどういう人かよくわかって(ようするに典型的な「サヨク」)、アインシュタインが「予言」のような発言をすることはなさそう、とみんな思うと思います。

「竹田恒泰著『現代語古事記』の「序にかえて」のなかに、20世紀を代表する歴史学者アーノルド・J・トインビー(1889-1975)の遺した言葉として、 「12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」という一文があった。この言葉の出典が知りたい」

@hayakawa2600 国会図書館の人の回答「下記の資料及びデータベースを調査しましたが、「十二、十三歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」という文の出典は判明しませんでした」。

私もこの文言、前々から気になっていた。最近も櫻井よしこ氏が週刊誌で全く同じことを書いていて、暇ができたらトインビーの著作を確認しようと思っていた。やはりそうだったか、という印象。ウソを集団内でグルグル回すうちに事実と錯覚する典型例。 twitter.com/hayakawa2600/s…

論座に「『日本国紀』に現れた「日本というお母さん」伝説」を寄稿しました webronza.asahi.com/culture/articl…

百田尚樹氏『日本国紀』が「男系」すら間違える。wikiとかからコピペ。
https://matome.naver.jp/odai/2154198609416345801

【悲報】安倍首相が百田尚樹氏『日本国紀』購入をドヤ顔披露宣伝
https://matome.naver.jp/odai/2154605287162820101

紀伊國屋書店新宿本店
https://matome.naver.jp/odai/2154634800754024301

元サッカー日本代表・戸田和幸氏が『日本国紀』を
https://matome.naver.jp/odai/2155142079821179101

よく考えると実在しない美談やお言葉の数々は、トインビーの「民族の神話を学ばなかった民族」を筆頭に、ニミッツの詩とかアインシュタインの予言とかククリット・プラモート記事とか、名越二荒之助文献をはじめいつも読んでいるものにたくさん出ているので決して珍しいものではなかったのだった……

第2回がアップされましたあ。これまでプラモート「日本のおかげでアジアは独立した」記事がどのようにアレンジされ・姿を変えながら利用されてきたのかをたどります。:「日本というお母さん」記事の改変と跋扈 - 早川タダノリ|論座 - 朝日新聞社の言論サイト webronza.asahi.com/culture/articl…

こんなデマも

「教育勅語は米国では聖書に次ぐベストセラー」という、聞いた瞬間に「ウソだ」と断定できるデマが存在しているようで、ググれば信じこんでいるおめでたい連中がこれまた大量に湧いて出て頭痛が痛い。

デマや名言関連

1 2