1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ペットブームの裏で‥悪質な「引き取り屋」ビジネスが横行する理由

近年「ネコノミクス」とも呼ばれるほどのペットブームですが、その裏で「引き取り屋」と呼ばれる業者が問題になっています。

更新日: 2016年06月18日

57 お気に入り 109065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●近年「ネコノミクス」とも呼ばれるほどのペットブーム

●しかし、その裏で「引き取り屋」と呼ばれる業者が問題になっている

センターの殺処分は減ったが、売れ残りがなくなったわけではない。闇の世界の登場となる。有料の「引き取り屋」である。

●5月30日放送「バイキング」でも引き取り屋が紹介された

5月30日放送の「バイキング」(フジテレビ)で、猫ブームに怒る愛猫家たちが生出演し、

取材した引き取り屋は、従業員が3人しかいない中、「200~300頭の犬や猫を抱え、動物愛護法違反に相当するようにみえる状態で飼養管理していた」と振り返る。

・ネットでは、番組の様子が大きな話題になっていた

全ての引き取り屋が悪徳じゃないって言われてるけど、そんなん商売にすること自体が悪徳やろ #バイキング

つか今日のバイキングのペット引き取り屋なんなんあれ

猫ブームの闇。売れ残ったペットの悪徳な引き取り屋、腹立つし悲しいし。繁殖制限すれば良いのに。日本はまだまだペット発展途上国。#バイキング

引き取り屋(犬含む)の話も→ 殺処分数は減ったけれど、見えなくなっただけの命もいる。 たらい回しなだけ、ただ生きていればいいって話ではない。 (バイキングより)

バイキング見たぜーペットショップの闇。引き取り屋は現実問題。絶対に目を背けちゃいけない。 商売「道具」だから処分するんでしょ? ペットショップなんていらないでしょこれだけ母数が増えてんだから 国を上げて動物愛護法改正してくれ。ショップ業者は廃止。殺処分を減らす新しい職を。

●そもそもペットの「引き取り屋」とは?

その名の通り、引き取り料をとって犬を引き取る商売のこと、そんなとんでもない商売が成り立っているというのです。

ペットショップで売れ残ったり、繁殖能力がなくなったりした犬や猫を、1頭あたり数万円単位で引き取るビジネス

・ペット「引き取り屋」の主な事例

栃木県中部にある「犬の引き取り屋」は、栃木、群馬、千葉、茨城などのペットショップや繁殖業者からの依頼の電話によって出向き、

小型犬で1万円、中型犬で2万円、大型犬で3万円が引き取り料で、その男性は、「殺さないで死ぬまで飼う、僕みたいな商売、ペットショップや繁殖業者にとって必要でしょう」と言ったそうです。

1 2