1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

陰謀論者たちの間で御馴染みのイルミナティカード

陰謀論好きでなくとも、知っている方は多いと思う。

イルミナティカードとは世界で起こる出来事(陰謀)を予言したカードといわれている・・・

3.11を予言していたといわれるカード

左が原発事故、右が津波を表している

鏡に映すようにカードを左右反転させると・・・

左の津波のカードの建物が左右で色が違うのは11を表す為だと言われている・・・

こんな感じで怪しいカードが沢山ある

枚数が多いので、日本について描かれたと思われるカードだけ紹介していこうと思う・・・

5.11

銀座和光での出来事を表していると見られるカード
絵の中の5人の服装が黒(ネクタイ)・緑・黄・青・赤になっている事から東京五輪が開催される年(2020年)に起こるのではないかと言われている。

確かに絵の中の時計台とよく似ている・・・

なぜ・・・5.11地震のカードだと言われているのかというと

〒104-8105 東京都中央区銀座4丁目5-11

○銀座和光の時計台のある場所(住所)が5.11になるという事
○絵の中の時計が「11」と「3と2の中間」を指している事=11と5(3+2)

からこのカードの出来事が起こる日は5月11日なのではないかと言われている。

3.11地震があった事からもこのカードから11という数字が浮かび上がった事に偶然では片づけられない気味の悪さを感じるのも事実だ。

2015年のエコノミストの表紙に3.11と5.11の事が出ている

右側に2本の矢が見える・・・

矢羽に11.5と11.3と書かれている2本の矢

そして「鏡」の国のアリス

鏡の国のアリス=鏡に映せ、左右反転させろという意味らしい。不思議の国のアリスではなく鏡の国のアリスとして受け取らなければならない。
そして反転させると11.3と11.5ではなく正しい並びである3.11、5.11となる。

陰謀論者の間では、3.11の矢は既に起こった事であるので地面の影が出来ていて、5.11の矢の方はまだ起こっていない、これから起こる事なので矢の影が繋がっていないといわれている。

それだけではない

アリスの背後の砂の山がちょうど矢が刺さっているあたりに影になっているのが分かる。
これは日本列島(東北辺り)を表すのだという。
そして矢印の部分に注目して欲しい。
3.11の方は矢の先と影が繋がっている部分、5.11の方は繋がっていない影の先の部分だ。

点にしてみるとこのようになる。
これを実際の日本列島の地図に直してみる。

3.11は太平洋側で起きたが、今度の5.11は日本海側で起きる可能性が高い。
その場合、震源は新潟・山形付近となるが・・・世界最大と言われる柏崎刈羽原発は大丈夫なのだろうか。
5.11カードを見ると東京でも大きな被害が出ている様に見えるので柏崎・千葉構造線が動くのだろうか?
5.11は複合災害の可能性が出て来た。

続き5.11カード解読

五輪マークは上が3つの輪が並んでいて、下に2つの輪下がっている形になる。
この絵だと黒青赤を上の3つの輪とし、緑黄を下の2つの輪とする。
それを考えた上で左右反転させる。

エコノミストや3.11のカードを見ても分かるように、日本を標的にしたカードは鏡に映した姿=左右反転させる事により新しい意味が見えてくる。

左右反転させたものと比べるとカードの方は赤い輪が左に行き、青と黒の輪はそれに伴って右の方にズレた形になっている。

赤い輪とは日の丸であり、赤い輪が左になっている=日が西に沈む 日本を潰すという意味になる。

5.11カードとこのカードはセットになる

1 2