1. まとめトップ
  2. カラダ

夏までにポッコリお腹をスッキリ!スロートレーニングで腹筋してみて

暑くなると薄着になったり、水着になったり…。気になるのはポッコリなお腹です。スロートレーニングで効果的なストレットして、夏までには腹筋スッキリ!参考にしてね。クランチ、ニートゥチェスト

更新日: 2016年09月28日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1620 お気に入り 150246 view
お気に入り追加

そろそろお腹が気になる…。

可愛い水着に似合う体にならんと このブヨブヨお腹どーにかせんと でも明日だけ許してたくさん食べるね

プールとか水着きて行きたいのに お腹ぷよぷよどうにかしないとね

たとえ水着にならなくとも、パンツルックやスカートでさえ気になるぽっこりお腹。

ど、ど、どうにかしたい。

スロートレーニングって…どんな?

「スロートレーニング」とは、その名のとおりゆっくり、スローで行うトレーニングのこと。筋肉に抵抗をかける動きを繰り返し行う「レジスタンス運動」のひとつです。

スロートレーニングは、たった数回するだけで筋トレをするように筋肉を大きくするといわれています。

時間をかけてトレーニングすることで、短い時間で筋力アップを望むことができるので、体に負担をかけずに効率よくトレーニングできるんです。

スロートレーニングをすれば、全身の筋肉を付けることができるので、メリハリのあるボディラインをつくることができるんです。

ゆっくり行う筋力トレーニング。

器具を一切使わず、自分の体重でトレーニングが魅力!

このスロートレーニングでは、そういった重いウェイトの器具は必要ありません。

道具も必要ありません。スロートレーニングの重要な点は、正しいフォーム、ゆっくりとした動作、ノンロックの3点です。

体の反動や勢いを一切使わない分鍛えたい筋肉をしっかりと刺激できる。

スロートレーニングは少ない負荷で効率よくできるからいいね

動作を工夫しゆっくりと行うことで軽めの負荷でも大きな筋力の発達・増強を得ることができ効率よく筋肉を鍛えられます。

昼や夜に体をゆっくり動かしながら、お腹の筋肉にほどよい負荷をかける“スロトレ”をすれば、短時間で効率よく引き締まる

少ない回数でも十分な効果を得ることが出来、筋肉トレーニングにかかる時間も短くて済むんです。

トレーニング時に呼吸は止めずにいいよ

スロトレ時の正しい呼吸は、体を持ち上げる動作の時に息を吐き、体を下す時に息を吸うことです。

よく力を入れる時に呼吸を止めてしまう人がいますが、これは、血圧が急激に上がってしまい危険です

常に呼吸を意識し、特に息を吐くことを意識しましょう。

▼腹筋を鍛えるスロートレーニング▼参考にしてね

クランチ(スロートレーニング)

お腹を凹ます腹直筋(腹筋)とお腹のくびれを作ってくれる腹斜筋を鍛えるクランチです。

お腹まわりを引き締めてくびれをつくるのに効果のある「クランチ」です

腹筋運動の定番である「クランチ」をスロートレーニングで行うことで、お腹の真ん中の筋肉である腹直筋と横のほうの筋肉である腹斜筋を筋トレ。

お腹の脂肪を撃退するスロトレエクササイズです。よくある腹筋運動よりも腰などへの負担が少なめです。

お腹の引き締め効果や、姿勢の改善効果を得ることが出来ます。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。