1. まとめトップ

アヤパン&ゆず北川に第二子誕生、死産を乗り越え2児のパパ・ママに

アヤパン&ゆず北川に二人目のお子さんが誕生しました。最初の妊娠で死産を経験した二人、嬉しさもひとしおの2人目となりました。

更新日: 2016年06月01日

3 お気に入り 27252 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アヤパン&ゆず北川が第二子の誕生を報告

人気デュオ・ゆずの北川悠仁(39)の妻でフリーアナウンサーの高島彩(37)が第2子となる3065グラムの女児を出産したことが、わかった

北川との連名で高島アナは「またひとり愛おしい存在が増え、家族の日々が益々賑やかに面白くなりそうです」と喜びのコメント寄せた。

コメント全文
私事ではありますが、先日我が家に新しい家族が増えました。小さな体から放たれる高らかな産声に生命力を感じる、3065グラムの元気な女の子です。
またひとり愛おしい存在が増え、家族の日々が益々にぎやかに面白くなりそうです。お姉さんになろうと頑張る長女の姿もまた、愛おしい景色です。
沢山の方に支えていただきながら、この日を迎えられたこと、改めて心より感謝いたします。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

第二子出産に祝福の嵐

アヤパン出産おめでとう♡悠仁第二子誕生おめでとう♡ 女の子=デレデレ 成長が楽しみですね!たらこ唇ならないといいな…女の子だし 逆にセクシーか!

悠仁とアヤパンのところ、おめでとう。 ゆずっこの友達のところと同学年だ

北川さんアヤパンおめでとうごさいます 結婚が2011って事にびっくりですよ

悠仁アヤパンおめでとうございますゆずっこも幸せな気分になる☺️なんていうんだろ。どっちもきたぱん。

悠仁とアヤパンのお子さんとか絶対可愛いよね…

実は過去に死産も経験していた

最初の妊娠が判明したのは結婚から半年後のこと。妊娠4カ月目に入り、妊娠を世間に公表しようとしていた矢先、検診でおなかの中の赤ちゃんが亡くなっていることが分かったのだという。診断は「子宮内胎児死亡」、原因は染色体異常によるものだったそうだ。

高島彩は小さなころから「つらい」と人に伝えるのが苦手だったというが、医師から説明を受けたときも、周囲につらい気持ちを悟られないよう「できるだけ平常心を保とうと必死でした」「ここでは絶対に泣かない」と気丈に振る舞った。

アヤパンも経験した子宮内胎児死亡って?

「ずっと妊婦健診は異常なしだったのに・・・」「昨日は元気に動いていたのに・・・」お腹の中の赤ちゃんがある日突然動かなくなり、心拍が停止し、亡くなってしまうのが子宮内胎児死亡(IUFD)です。

妊娠10ヶ月に最も多く起こるとされ、その次に多いのは妊娠5、6ヶ月の時期です。

この悲しい事態を防ぐことは出来る?

妊娠5ヶ月以降、胎動を自覚できるようになってからは、毎日胎動の確認を行うことをおすすめします。特に妊娠34週以降は「10カウント法」という「胎動を10回確認できるまでにかかった時間」を計る方法があります。正常な赤ちゃんの場合、およそ10分〜20分で10回胎動を確認することができます。

それからとにかく妊活に励みました

北川とともに悲しみを乗り越え、半年間子宮を休めた後は、仕事をセーブしつつ基礎体温のグラフをつけたり、下半身を温めることを心がけたりと、本格的に「妊活」に取り組んだ。

そして、その努力は今回の妊娠・出産へと繋がります

第二子を出産され、ますます幸せに包まれた北川さん・高島さんご夫婦。これからも、決して幸せな経験だけではなく辛さや苦しみ、悲しみを乗り越えていたお二人のご活躍を見守っていきたいですね。

1 2