1. まとめトップ

ダメだよ!1年前の日焼け止めは酸化している

節約のためにも去年の使い残しからなんてダメですよ。

更新日: 2016年06月01日

1 お気に入り 4149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

onetwosonoさん

#1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは

去年買った日焼け止めがまだ残っているけど

「これって今年も使えるの? 効果は変わらない?」

基本的に一度開封したものはワンシーズンで使い切るのが理想

しかし、正しく保管していれば1年前の日焼け止めを使っても大丈夫です

直射日光のあたる場所を避け常温の室内に保管してあれば大丈夫

日焼止めクリームや乳液の使用期限は

未開封時は3年

開封後は1年

防腐剤がキーになる

多くの日焼け止めには雑菌の繁殖を防ぐためにパラベンなどの防腐剤が入っている

防腐剤はそのクリームを使いきるのに設けられた使用期限内に効果を発揮する量しか入ってない

使用期限を過ぎると防腐剤の効果は半減!

やはり開封後はなるべく早く使い切ることをオススメ

日焼止めクリームに入っている紫外線防止剤は、
月日がたっても効果はそこまで薄れるものではないが、
酸化しているものを使うのは絶対に良くない

安くても酸化していない新しい日焼け止めを使う方が良い

#1年前の日焼け止め、「効果」は大丈夫?

答えは、1年前の日焼け止めでも、SPF・PAなどの性能自体は変わらない

#日焼け止めを長持ちさせるちょいワザ2つ

(1)毎回容器の口もとを拭き取る

(2)直射日光のあたる場所を避け常温の室内に

毎日肌に塗るものだからこそ、不安の無い状態で気持ち良く使いたいものですよね。今年も日焼け止めをたっぷり使って、美白をキープするようにしましょう。

Life & Beauty Report(LBR)

1