1. まとめトップ

そろそろ結婚を…と思っているそこのアナタ!!事前に調べておく?おかない??

結婚は男女ともに新しいスタートで、永遠を誓うもの。だからこそ、みなさん相手を知るために同棲したり、いろいろすると思うのですが…事前にチェックしておいたほうがいいことってあります。そんなあれこれまとめて見ました

更新日: 2016年10月19日

0 お気に入り 1490 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パートナーのことどれくらい知っていますか??

知らなくてもいいことだってあると思うのですが、
結婚をする上で知っておいたほうがいいことって沢山ありますよね。

何を知っておいたほうが良いのでしょうか??

体が資本。やはり健康状態は把握しておきたい所です。
持病ああるのであれば、日常の生活でしなくてはいけないことや、今後考えられることなど、しっかり考えなくてはいけないですね。

とてもシビアな問題ですが、男女ともに晩婚化が進み、
高齢出産についての話を効くことが増えました。でもこれって女性だけの問題ではないのです。

男性の精子ですが、一般的には35歳から老化・劣化が進むと言われています。妊活自体は何歳になっても可能ですが、「健康な」赤ちゃんを望む場合は若い時の精子に越した事はないのです。ドイツの研究では、50歳くらいまでが限界であろうという見解があるようです。それ以上の年齢を重ねて妊娠すると、障害を持つ子供が産まれてくる可能性がとても高くなるからという理由があります。

ブライダルチェックというのをご存知ですか??

クリニックや検査する項目によって、ブライダルチェックの費用は変わります。
一般的に、男女ともに20,000円~40,000円ほどが相場と言われています。
必要な検査項目がセットになっているところもあれば、受けたい検査だけ申し込めるクリニックもあります。クリニックによってはパートナーと一緒に受けると安くなったり、通常の人間ドックとセットになって割引になるところもあるので、チェックしてみてください。

http://www.brdlcheck.com/check/basic.html引用

結婚前は男性もブライダルチェックを受けて、精巣などに異常を及ぼす病気がないかを調べてもらい、なんらかの異常があるならば早期に治療を開始することが大切です。

今の時代不妊に悩むカップルは7組から10組に1組。決して少ない割合ではありません。欲しいと思ったときにすぐに子供に恵まれない可能性も考えられるのです。
よく不妊の原因は年齢が大きく関係していると言いますが、若い方でも体に異常があるとそれが妊娠を妨げるので、早いうちに検査をして治療した方が将来のためになります。

結婚とは家と家同士の結びつきでもあります。
パートナーに問題がなくても、家族や親族に何か問題がある方もいるかもしれません…

二人でどう生活していくのはもちろんですが、借金がないか、実家や親族で借金があ流人はいるかなど調べておいて損はないでしょう…

家族やお金のことって調べるには限界がある!!と思いの方…

結婚調査・婚前調査とは、婚約者(結婚相手)やその家族の信頼度を調べる調査のことを言います。 家族構成や家庭環境、結婚歴・離婚歴、出身地、職歴や生活実態、異性問題や金銭問題についてなど多岐にわたる調査が可能です。
http://www.asahishinyo.jp/article/d160.html引用

1