1. まとめトップ

2.5次元舞台、よりよい席をゲットするために覚えておきたいこと

今流行りの2.5次元。大人気舞台をよりいい席で観たい人のためのコツをまとめました。

更新日: 2016年10月17日

3 お気に入り 99231 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

akairo0352さん

新たなブーム! 2.5次元舞台とは

読んで字のごとく、2次元と3次元の間にある世界。2次元でもなく3次元でもない。平面でもなく、立体でもない……

2.5次元ミュージカルとは、アニメ・マンガ・ゲームなどを原作とした舞台演劇である。

最近話題となっている「2.5次元」や「2.5次元ミュージカル」という言葉。これらは主に、漫画やアニメといった作品を原作とした舞台・ミュージカル劇を指しています。
舞台俳優ファンや原作ファンなど、様々な視点から注目されている「2.5次元」。観に行きたいと思っている人の中には、観劇やライブの経験が少ない人もいるのではないでしょうか。

「2.5次元」作品のチケット、どうやってゲットする?

「2.5次元」も一般の舞台やライブと同じく、チケット専門の購入サービスで買うのが主流です。

上記にまとめたのは、主なチケット購入サイトです。ほとんどの作品がいずれかのサービスで購入できます。
※詳細はそれぞれのチケット情報を確認してください

「2.5次元」の神席ってどこ?

せっかくならよりよい席で観たいもの。しかし「よい席」とは、どの辺りなのでしょうか?
特に「2.5次元」作品の場合、何に重点を置くかで「よい席」の場所も変わってきます。

劇をしっかり鑑賞したいなら、程よく全体を見られる「会場真ん中」

2.5次元に限らず、舞台観劇で一番よく見える席は「真ん中」の席。
俗に言う「センターブロック」の中でも、会場中ほどの列が遠すぎず近すぎず丁度いい距離感です。

演者を間近で見たいなら、とにかく舞台に近い「最前列」

2.5次元舞台に出演する俳優さんには若手の方も多く、アイドルのように熱烈なファンがいることも多いです。
そのため、アイドルコンサートと同じくステージ(=出演者)に近い席も人気があります。
劇自体は多少観にくくなりますが、舞台ならではの臨場感も味わえます。

客席降りの演出があるなら、通り道に近い「通路側」

客席を使った演出がある舞台なら、その演出が行われる客席通路に近い席が一番見やすいです。
また、出演者がすぐ近くに来てくれるチャンスでもあります。
既に演出の内容が分かっているなら、客席降り演出を狙って通路側を取るのも一つの手です。

好きな役者さんがいるなら、その役者さんがよく立つ「上手側or下手側」

好きな役者さんが出演しているなら、その人のことが見やすい席がファンにとっては良席となります。
もし演出内容が事前に分かっていて、好きな役者さんの立ち位置が偏っている場合は、そちら側の席を取った方がより役者さんを見やすくなるでしょう。
とくに前方列の席の場合、上手サイドか下手サイドかで見え方は大きく変わります。

「運」以外でいい席を取る方法とは?

大人気舞台のチケットは購入するだけでも大変。その上さらにいい席を狙うとなると、もはや「運頼み」しか方法はない……?
そんなことはありません! 運以外の方法でいい席をゲットする方法はあります。
必勝法ではありませんが、チャレンジしてみる価値はあるかも

その1、先行チケットを逃さない

舞台のチケット情報を見ると、先行抽選や一般販売などの日程が記載されている場合がほとんどです。
しかし中には、公式サイトに掲載されない先行販売ルートがある場合も。

公式サイトに掲載されない主な先行販売ルートは、
・出演者のファンクラブ先行
・配給会社のメルマガ会員先行
・劇場先行
・原作となったゲームユーザー向け先行
・原作となった漫画・アニメの購入特典先行
・前作DVDの購入特典先行
などです。

そしてこういった先行販売分のチケットは、一般販売分よりもいい席である確率が高いようです。
通常チケットは前方から順に売っていくため、最前列を狙う人は特に逃せません。

特にファンクラブやメルマガといった、事前に登録している人向けの先行は開始時期も早くひっそりと行われる可能性が高いです。
(既に入会している人を対象にしているので、大々的に宣伝しなくてもいいからです)
こういった情報を逃さないためにも、公演日時が発表されたら常にチケット情報にアンテナを張っておきましょう。
SNSで検索したり、掲示板を覗いたりして日々確認しましょう。

中には無料で登録できるものもあるので、関連するものには先に入会しておくのがいいでしょう。
また、有料登録が必要なものはその分応募者も少ない=当たりやすいといえるかもしれません。少しお金を払って、確実に席をゲットするのも手です。

1 2