鳥山明氏の作品は当時、入賞もおぼつかない作品でしか無かったが、執筆速度と画力、擬音などの表現力に才能を見出した鳥嶋和彦氏が、担当編集となった。

厳しい指導をする鳥嶋和彦氏の元で、一年間で500p以上のボツ原稿を作り、生まれたのが「Dr.スランプ」だった。

出典鳥嶋和彦、日本一の漫画編集者。鳥山明や桂正和を担当し、編集長としてワンピースなども手がける:不運なライオンのニュース深堀り:So-netブログ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

編集者から社長に!?編集者「鳥嶋和彦」の伝説がハンパない!

Dr.スランプやドラゴンボールを生み出した鳥山明を発掘し、育て上げたといっても過言ではない伝説の編集者・鳥嶋和彦さん。いまや社長にまで上り詰めた彼の仕事の伝説の数々をまとめました。

このまとめを見る