1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

「不当な差別的言動は許されない」と定めた
ヘイトスピーチ解消法が
6月3日、施行された。
5月24日に衆院本会議で可決、成立していた。
施行により法的効力を持つことになる。

対策法はヘイトスピーチをなくすため、
国や自治体に相談体制の整備や教育、
啓発活動の充実を求めた法律。
差別意識を助長する目的で
著しく侮辱することなどを差別的言動と定義し
「許されない」と明記している。
ただ、憲法が保障する
「表現の自由」を侵害する恐れがあるとして
罰則や禁止規定はない。
そのため、警察が対策法で
ヘイトスピーチのデモ自体を
取り締まることはできず、
「現行法を駆使して
違反行為を取り締まるしかない」という。

引用元:http://goo.gl/EFqkWq

事の発端はデモの申請

民族差別を助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)を
繰り返している男性らが、川崎市中原区で
5日に計画しているデモについて、
神奈川県警と県公安委員会は3日、
道路使用とデモの実施をそれぞれ許可した。

県警は、「公共の安寧」に直接危険が及ぶケース以外は
許可すると定めた県条例などをもとに判断したとしている。
川崎市は川崎区の公園の使用を認めず、
男性らはデモの場所を変更していた。

県警などによると、男性は公園の使用が
不許可となった後、中原区の公園周辺などの道路で
数十人規模のデモを実施するとして、
中原署に道路交通法に基づき
道路使用許可を1日に申請した。
県公安委員会にも県条例に基づいて
デモの実施を申請した。

シットインとデモ中止コールでヘイトデモ中止へ

ヘイトデモの常連をちらほら見掛けるが、カウンターに蹴散らされて集合出来ず。 警察が守らなきゃ、集まる事すら出来ないんだよ。 もっと早くこうしてたら、彼らのデモは簡単に止められてたのに。 #0605川崎ヘイトデモを許すな pic.twitter.com/wfUEGHRlso

これまで3名、公園に近づけずに離れていったレイシストがいる模様。今は「労災病院前」という信号の近くに先導車が出ており出発を待っているようだ。参加者6名という話も。6名… 「ヘイトデモ中止」のコールが始まった。 pic.twitter.com/klIhEjcJ6C

中原区平和公園前の綱島街道。ヘイトデモの出発を阻止するカウンターのシットイン。 pic.twitter.com/iQDk9bG0sG

1 2