1. まとめトップ

まるでホラー?怖い女性の嫉妬エピソード

世のなかは嫉妬渦巻く世界だとは、競争社会ゆえに副産物と言えます。勝ち組や成功した人に対しては憧れと称賛だけではなく嫉妬も当然生まれる感情なわけで、それが女性の世界となると嫉妬心もねちっこさが加わり男性が考える以上であるケースも?

更新日: 2018年12月14日

2 お気に入り 5028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・仕事ができるかどうかで「マウンティング」

「上司でも“あの人はザコ”、“あいつはポンコツ”……なんて悪口はしょっちゅうですよ。格付けのし合い、日常茶飯事です」(20代女性・IT企業)

・上司に気に入られた子に「いやがらせ」

「上司に気に入られている子のマイカップを汚したり隠したり。休憩時間にその子がカップを探しているのを何度も見かけたことがあります。陰湿ですよね……」(20代女性・派遣社員)

・社内メールで「社内不倫の証拠」を一斉送信

「ある女性の不倫の証拠をつかんだ子がいたらしく、出社したら大騒ぎに。ホストPCから社内に一斉送信されていて、“ドラマかよ!”と社内がザワつきました。上司は関連起業に出向、その子は退職になりました」(30代女性・インテリアコーディネーター)

・オトコがらみで

・「人気のある男性と親しくしていると、やたらと難癖つけられることが多くなる」(32歳/自動車関連/技術職)

・「突然呼び出されて『あの人のことは諦めて』と言われたとき。相手の女性は終始笑っていたのですが、それが逆に怖かったです」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・友情より恋愛

・「学生時代、友人の好きな人が別の女性と付き合っていた。真剣に、どうやったら別れさせられるかな?と聞かれたとき、怖いと思った」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「知り合いの女の子と話していただけで、しばらく口をきいてもらえなかった」(37歳男性/情報・IT/技術職)

・「小、中学校時代、男子に人気があるからという理由でいじめの対象になっていた子がいたので。怖い」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・女性上司

・「女の上司が突然当たりが強くなった。原因は、事務所で女ひとりだけで参加したゴルフ大会への嫉妬だった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

職場で一番若い女の子が買ってきてくれたお土産のお菓子を、お局が食べずにごみ箱に捨てていたこと。

私がちょいイケメンの職場の男の子と付き合ったらその男の子を可愛いー!可愛いー!言っていた離婚したばかりの45歳のババアが私にあからさまにそっけなくなった。

・浮気疑惑!?

・「会社の先輩の奥さんで、先輩が浮気しているかもしれないと会社に探りの電話を入れてきた」(29歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「友人が彼が浮気してると疑い、5時間張り込んだときいたとき」(25歳女性/商社・卸/技術職)

・「二股をかけられていた他の部署の女子(おそらく年下)が、うちの部署にきて『〇田さんてどの人!?』とヒステリー気味にもう一人の彼女を探しにきた。関係ないけど超怖かった」(32歳女性/医療・福祉/専門職)

・他人の幸せに嫉妬

・「幸せな人生を送っている女性に対し、嫉妬の悪口ばかり言っている人。だから幸せになれないんだと思った」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「職場で私しかできないことをやると、女性の先輩の機嫌が悪くなる」(23歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・デート中に出くわした女友達と話しただけで、激怒して帰る

「『なんで!?』って意味がわからなかった」(10代男性)というように、彼氏がほかの女の子とちょっと接しただけで怒ってしまうのも問題でしょう。むしろ彼氏の知り合いには、「素敵な彼女」だと印象付けるために、礼儀正しく自己紹介するのが得策ではないでしょうか。

・仕事で電話に出られなかっただけで、自分の居場所を大捜索する

「友達に根ほり葉ほり聞いたり、GPSアプリで位置を特定したり…やめてほしい」(10代男性)というように、余計な詮索をして彼氏に気苦労をかけるケースです。やりすぎると、「あの彼女ヤバいよね」と彼氏の周囲で悪評が立ちかねないので、気を付けましょう。

・「男友達と遊ぶ」という言葉を信じず、尾行する

「『信用されてないんだな』って、別れを考えた」(20代男性)というように、こっそり後をつけてまでしてしまうと、バレたときの傷は取り返しがつかないかもしれません。そこまで踏み切っていいのは、浮気に確証があり、本気で別れの覚悟ができたときだけだと心得ましょう。

1 2