1. まとめトップ

【年収5000万超を捨てて】炎上も糧にする芦名佑介(芦名勇舗)氏の人生観がすごい

元プルデンシャル生命のトップ営業マン、芦名佑介氏。その人生観がすごかったのでまとめてみました。

更新日: 2018年07月24日

9 お気に入り 79912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

はりさらさん

芦名佑介(芦名勇舗)さんとは?

1989年生まれ。2004年、慶應義塾高校に入学しアメリカンフットボール部に入部。17歳でU-19日本代表選手に当時最年少で選出され、18歳でU-19 日本代表のキャプテンを務める。慶應義塾大学4年時には約150人の部員をまとめるキャプテンを務め、卒業後、電通にてコピーライターとして活躍後、プルデンシャル生命保険株式会社に営業として転職。14年、25歳という史上最年少の若さで営業所長に抜擢された

おい「転職で年収17倍」って。電通の初任給がいくら分からないけど、年収300万だとしても5100万だぞ。

芦名佑介さんが最初に話題を集めたのは2015年8月の記事

25歳で営業所長はすごいね。 全うに働いて成果を出している人は年齢を問わず尊敬をする。 転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフト元日本代表営業マンの仕事哲学 - 営業type sales.typemag.jp/article/4474

元コピーライターなら、両親が死んだことをラッキーだなんて言うな。と、てつじは感情的になった。/転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフト元日本代表営業マンの仕事哲学 - 営業type sales.typemag.jp/article/4474

@aseetsu うんち食べる人とは友達になれても、両親の死をラッキーだと思う人とは友達になれない。言葉のあやってヤツだろうけど、元コピーライターなら直してほしい。生命保険の営業としてもダメだろ。絶対に組み合わせてはいけない言葉だと思ってる。俺の中で炎上中。

はあちゅう主義。 : 【めも】「両親の死もラッキー」を叩いている人たちのほうが私にとっては怖い件 ha-chu.blog.jp/archives/10366… pic.twitter.com/ewrnlkUfcV

しかし、この「炎上」も本人には通過点だった?

だが、人と違うことをする人間に世間の風当たりは厳しい。特に近年はSNSが発達し、個人が集中攻撃を受ける場面も増えた。芦名氏も前回の記事が公開された際、少なからぬバッシングを浴びた。だが、そんな批判の声さえ「ラッキーだと思った」と受け止める。
「イノベーターのステップは4段階あると僕は思っていて。最初は興味すら持たれない“無視”。そして結果が出ると“称賛”が生まれる。でもその次には『アイツはやり方が汚い』や『裏でこんなことやっている』などあることないこと言われて、“批判”を受ける。失敗する人はほぼ全て、この批判で潰れてしまいます。でも成功に批判はつきもの。それを乗り越えた人だけが、最後に“歴史”になれるんです」

もう、たぶん何言われても凹まなそう。芦名さんのスルースキル高すぎる。

芦名佑介さんはその後、夢を追ってハリウッドに

なんと最初の記事の4か月後、「ハリウッドスターになる」とSNSで宣言して単身渡米(もちろんプルデンシャル生命は退職)。米国で2本の舞台に出演して、現在は日本にいる。

企業での講演などをやりつつ、まずは日本で有名になることを目標に活動中。

もうよくわかんないけど、すごい。

現在では『芦名表参道株式会社』を設立

芦名佑介さんは日本で自分の会社を設立。コピーライティングや音楽活動、ファッションブランド・和菓子屋の立ち上げ、講演活動などをしていくらしい。。

その後、ビジネス書を出版。名前を「芦名勇舗」と改めた。

1