だが、人と違うことをする人間に世間の風当たりは厳しい。特に近年はSNSが発達し、個人が集中攻撃を受ける場面も増えた。芦名氏も前回の記事が公開された際、少なからぬバッシングを浴びた。だが、そんな批判の声さえ「ラッキーだと思った」と受け止める。
「イノベーターのステップは4段階あると僕は思っていて。最初は興味すら持たれない“無視”。そして結果が出ると“称賛”が生まれる。でもその次には『アイツはやり方が汚い』や『裏でこんなことやっている』などあることないこと言われて、“批判”を受ける。失敗する人はほぼ全て、この批判で潰れてしまいます。でも成功に批判はつきもの。それを乗り越えた人だけが、最後に“歴史”になれるんです」

出典無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸せ” - 営業type | 転職@type

もう、たぶん何言われても凹まなそう。芦名さんのスルースキル高すぎる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【年収5000万超を捨てて】炎上も糧にする芦名佑介(芦名勇舗)氏の人生観がすごい

元プルデンシャル生命のトップ営業マン、芦名佑介氏。その人生観がすごかったのでまとめてみました。

このまとめを見る