格上挑戦とはいえハンデ50キロは魅力だ。この日はCWコースで最終追い切り。メイショウフウシャ(3歳500万)との併せ馬で1馬身後れを取った。それでも河内師は「あの馬は走るねん」と意に介していない。本番にも騎乗する岩崎が好感触を伝える。

出典【マーメイドS】ゴールドテーラー 岩崎“軽量一発”で重賞初V狙う — スポニチ Sponichi Annex 競馬

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

毎年人気薄が絡み波乱必至!牝馬ハンデ重賞 マーメイドステークス レース情報

過去4年は1番人気がすべて馬券(3着以内)に入り信頼度は上がっている反面、一桁後半以下の人気薄は変わらず毎年馬券に絡むなど、ハンデ戦らしい波乱必至の牝馬重賞。素質ある4歳馬が1番人気なら信頼度は高いも、軽ハンデ馬もマークは必要です。

このまとめを見る