1. まとめトップ

【タイ・プーケット】 南国満喫♪♪初めてのプーケット 基本のき!!

タイのビーチリゾート、プーケット。アジアンリゾートの代表格ですよね!食べ物も美味しい、離島もたくさん、アクティビティも盛りだくさん・・・そんな、プーケットをご紹介いたします!

更新日: 2018年10月16日

37 お気に入り 23943 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ichi-salaoさん

タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られるプーケット。エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」とたとえられています。年間を通して、ビーチリゾートやマリンスポーツを堪能できる常夏のリゾートです

まずは・・プーケットに行くならこれは持ってこ!~旅行の必需品~

□タイでは日本と違うプラグですが、プーケットは旅行者用に日本と同じものでも使えるホテルが多い。万が一の為に、変換プラグがあると良し。

□虫除けペーパー
東南アジアはどこもですが、プーケットは特に蚊が多いので、虫除け対策は必須です。
スプレータイプだと、機内に持ち込めなかったりするので、ペーパータイプだと便利です!
また、屋外のレストランの場合、頼むと貸してくれたりするので、忘れた場合は モスキートスプレー!と聞いてみましょう♪♪

□薬
東南アジアに行くときはどこでもですが、お腹を下すことがあります。
また、スピードボートや高速フェリーに乗ると船酔いする場合もございますので、酔い止めもあるといいでしょう。

空港は“プーケット国際空港” 日本からの直行便はなし!!

現在(2016年6月)日本からプーケットへの定期直行便はありません。
(季節により異なる。)
バンコクや香港、仁川などでの乗り換えが必要となります。

その為、最近はバリなどに比べると比較的日本人旅行者の割合が少なくなってきています。
あまり日本人が多いところはな~という方にはオススメです!

また、プーケット空港は大変小さな空港です。
(2016年6月現在、新ターミナル建設中です)

降りてから、イミグレ→バゲージピックアップと迷う心配はないでしょう。

帰国時、出発カウンター部分は大変混雑しています。
保安検査後にも売店や免税店(小さいですが笑)ベンチ等はあるので、出発を待つ際は出国手続きをしてしまった方がいいかと思います。

これが、保安検査前(誰でも入れる場所)です。
飲食店はサブウェイやバーガーキング、あとお土産屋さんが数店です

夜は大体混んでて満席です

こちらは保安検査後
売店が数店と免税店やお土産屋さんがあります。
また23時から1時くらいは韓国便が多く韓国人が多いせいか、韓国のカップラーメンを売っていて、結構みんな食べてます笑

プーケットの時差

日本との時差-2時間

VISAは空路の場合不要!パスポートは・・・・

空路入国は1回30日以内の観光は査証不要。
パスポートの残存有効期間、入国時6ヵ月以上必要。

機内で入国審査書類が配られ入国審査時に使います。
その際、出国審査時に必要な種類が返されます。
パスポートとともに、帰国時まで保管しましょう。

旅の季節

乾期は11月〜3月で、4月〜5月が暑期、6月〜10月がグリーンシーズンです

乾期〜暑期気候も良く、ダイビングをはじめとするマリンスポーツを楽しむにはこの時期が適しています。ハイシーズンなのでホテルの料金は高くなります。

グリーンシーズンスコールはありますが、一日中ずっと降り続くわけではありません。木々の緑が深みを増し、フルーツがたわわに実る季節です。
モンスーンの影響を受けやすい島の西側は、波が高くなるのでマリンスポーツを楽しむ際には注意が必要です。ローシーズンのため、ホテルの料金も安くなります。

通貨はタイバーツ(THB)、物価は・・・

プーケットの物価は、タイの中では一番高いです。
それでも、日本に比べれば安いですよ♪♪
ホテルのルームサービスでも3000円あれば結構の物が食べれます!

プーケットは高級リゾート地になるので、首都バンコクに比べて物価は若干高いようで、タイ王国の中で一番物価が高い県と言われています。また、物価も徐々に高騰しているようです。
ホテルに関しても、他の地域のように極端に安いホテル等はあまりなく、高級ホテルに宿泊した場合は1泊数万円と日本と同じような金額になります。

食事やホテル等どんなものでもレベルをあげれば日本と同じような金額になります。
日本と比べるお食事やマッサージ等はやはりと安い場所が多く、高級レストラン等に入らなければ現地ではさほどお金がかからないようです。

しかし、海外旅行客を狙った値段設定をしているお店もあるようなので気をつけた方がいいでしょう。
また、ビーチ周辺の観光スポットは値段設定が高くされており、地元の人たちが利用する地域は観光スポットに比べて安いようです。
お店によって金額がまちまちなので、なるべく安く済ませたい場合は色々なお店を見てみた方がいいかもしれません。

プーケットでの移動はタクシー。料金に要注意!!!

プーケットはメータータクシーがありません!(ほとんど)
その為、料金はドライバーとの交渉となります。
これが、結構やっかい!!

ホテルのフロントなどに頼むと結構高い料金で提示されます。
街中でたくさんタクシーが客待ちしているとのろでは、かなり強気で交渉してください!
最初に提示された額の半額でいけます。

目安として、10分100THBが相場です!
パトン⇒空港で約40分、400THB ~ 500THBが目安かと思います。

タイで有名なトゥクトゥクもありますが・・・・
個人的には遅いし、乗り心地が悪いし、高いし。。。あまりオススメはしません。笑

空港
プーケット国際空港(PHUKET INTERNATIONAL AIRPORT:HKT)からプーケットタウンまで32KM、タクシー 約40分。エアポートバス25-90B。エアポートリムジン(空港タクシー)-バトン・ビーチ650B、-プーケットタウン500-600B。

プーケットの中の位置関係

1 2