1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ハマリすぎ…山本耕史が『石田三成』にしか見えない件

毎回のように波乱含みの展開が続き、大人気の大河ドラマ「真田丸」。出演者たちの素晴らしい演技も話題になっているが中でも最近注目度が増しているのが石田三成役の山本耕史。小説などで語られる三成のイメージを損なうことなくさらに新しい魅力をも放っており目が離せない。

更新日: 2016年09月12日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
55 お気に入り 172726 view
お気に入り追加

◆「真田丸」で石田三成を好演する俳優・山本耕史

“リアクションしない”演技が話題になっている。三成は、上司である秀吉(小日向文世さん)の“むちゃぶり”にも表情を変えず、動じることがない

あまり熱くやると三成ではなくなってしまう気がするし、冷静沈着では今までと変わらない。これからどう描かれていくのかにもよりますけど、徐々に自分がほころんでいく、ブレはじめる、熱さゆえに自分も想像していなかった部分が出てしまう、そういう人間らしさがうまく出せたら

山本のコメント

4月には『ニコニコ超会議2016』の真田丸ブースに甲冑姿で登場

石田三成かっこいいじゃん… (公共放送と三谷幸喜と山本耕史と滋賀県による大がかりな洗脳に脳がやられ始める) #真田丸 pic.twitter.com/PVQ7yTbZg7

@Weekly_Taishu 山本耕史の石田三成は歴代で一番カッコイイような気がする~やっぱり実力あるんだなー

三成を演じる山本耕史は絶品やな、堀北真希が惚れるのも分かるわ twitter.com/walkerplus_new…

石田三成役の山本耕史も上手い(;´Д`) 頭が抜群に切れるが故に、あまりに合理的な判断をしがちで冷たい印象を周囲に与え、本来は義理堅く情に厚い人間的な側面もあるのに誤解されがちな言動や行動を取ってしまう石田三成を、そこまで含めて演技だけで完璧に表現している(;´Д`) #真田丸

山本耕史…お主、完全に三成ファンに好かれたと思うぞ。私が言うんだから間違いない。

◆石田三成と言えば「有能だが人望が無い」というイメージが強い

敗者が永きに渡って「悪者扱い」され続けるのは歴史の常

関ケ原の戦いに勝利し支配者となった徳川家康の敵役となったことなどから、否定的なイメージで描かれることも

関ヶ原の戦いの際、大谷吉継は三成に対して「お主(三成)が檄を飛ばしても普段の横柄ぶりから、豊臣家安泰を願うものすら内府(家康)の下に走らせる。ここは安芸中納言(毛利輝元)か備前中納言(宇喜多秀家)を上に立て、お主は影に徹せよ」と諫言

江戸時代にはマイナスイメージをもって語られるようになり、それが幕府崩壊後も現在までひきつがれる

三成を指して「へいくわい者(平壊。無遠慮の意)」という表現もよく知られています。ところが小和田哲男先生によると、三成と同時代の人物による史料で、「へいくわい者」のような三成の性格に言及した記録は見当たらないという興味深い指摘も

そういえば、スタジオパークでの「真田丸の世界展」では、 石田三成のパネルだけがぽつんと離れた所にあったなあ。 嫌われ者だったからかな? #真田丸 pic.twitter.com/8btCreGX45

石田三成は口煩くて真面目でちょっと嫌われがちな学級委員長タイプなのかな(ºωº)

真田丸の石田三成が官兵衛の時と違いすぎてどっちが史実に近いのか分からんw

◆そんな三成はまさに山本耕史のハマり役⁉

口調とか言い方とかがときどき気に障る

「僕の中で最初に決めたことは“人と目を合わせない”ようにすること。現時点では片岡愛之助さん演じる大谷吉継以外とはほぼ目を合わせていないので、それが人を不快にさせているのかもしれませんね」

三成が「ばかと話すと疲れる」というせりふがあるんです。それをリハーサルでやったら、「めっちゃ、耕史っぽいよね」って(徳川家康役の)内野聖陽さんに言われました

山本耕史という役者は超人的な器用さに加えて、心のどこかに熱いものを持っている。それは石田三成にピッタリ

堺雅人のコメント

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう