東川篤哉『密室の鍵貸します』(光文社文庫)。何より、トリックを仕掛けた動機と被害者を殺害した動機が繋がっている(表裏一体である)ということに感動した。これは、当にミステリの「動機」だと思った。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ラストに唖然!動機が意外な小説まとめ!

こんな動機で殺人を犯すなんて...。動機が意外な小説をまとめました。(動機、悪意、朱色の研究、密室の鍵貸します、ゴールデン・フリース)

このまとめを見る