天下分け目の関ヶ原の戦い。石田三成ら西軍に加わった義弘でしたが、味方は裏切りで総崩れ。義弘は最期を覚悟するも、おいの島津豊久(とよひさ)の強い進言で「敵中突破しての撤退」を決意します。敵の大軍へ突入した島津勢は、からくも脱出に成功。しかし、その陰には豊久ら薩摩隼人の犠牲が…。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ヒストリア】関ヶ原で島津義弘軍が見せた決死の「捨て奸(すてがまり)」

関ヶ原の戦いといえば、石田三成が敗走し徳川家康が勝ったとか、小早川秀秋の裏切り、島左近・大谷刑部の討ち死になどドラマいっぱい。ですが覚えてほしいのが島津義弘軍が見せた「捨て奸(すてがまり)」!

このまとめを見る