1. まとめトップ

冨田真由さん意識回復に安堵…改めて事件を振り返る

東京都小金井市で、アイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)が刺された事件。5月21日の事件発生から約2週間後の6月3日ごろに意識を取り戻し、内臓への損傷を免れていたことが分かりました。安堵の声が多数届けられている一方で今後の心のケアにも関心が集まっています。

更新日: 2016年06月08日

1 お気に入り 5070 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■冨田真由さんの意識が回復した

本当に良かった…。

東京都小金井市で、アイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)が刺された事件

都内の病院で冨田さんが意識を回復したことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

関係者によると、冨田さんは3日ごろに意識を取り戻した。事件発生以降、都内の病院の集中治療室(ICU)で治療を続けており、意識が回復するのは約2週間ぶり。

冨田さんは首や胸など20カ所以上をナイフで刺されており、首付近の傷が特に深かったが、捜査関係者によると、心臓など内臓への損傷は免れていたという。

■安堵の声が多数届けられている

重体って聞いて厳しいかなって思ってたけど、意識回復! 亡くならなくて本当によかった。

冨田真由さん意識回復したのですね!ずっと気になって調べ続けてたのでほっとした。

・心の傷は大きい
・内臓は大丈夫でも傷跡は残る
・世間からのネガティブな注目、警察・マスコミ対応などがつらそう。

冨田さん意識回復されたのね。良かった。良かった。でも、簡単には事件の恐怖が拭えないだろうから、時間掛けて、しっかりと心のケアも行って差し上げて下さいね。犯罪被害者の方々の回復と心のケアにはしっかりと我々の税金使って構わないので。

刺されたシンガーソングライターの女子大生って両目刺されたんじゃなかったんだっけ?そんなの意識回復したって絶望しかないし犯人は捕まってるとは言え一生フラッシュバックとかトラウマ抱えて生きていくと思うと心が痛いし犯人も同じとこを同じだけ刺されればいいとか思ってしまうくらいにムカツク

意識回復で喜ぶのは早い。 どこを刺されたのかは不明だが、 傷跡を目立たないまでの治療とか、 リハビリとかPTSDとか、治療費は山ほど要るはず。 家族は募金用の口座とか作った方が良いと思うよ。 損害賠償を請求しても、金持ってる相手ではなさそうだし。

富田さん意識回復はほんと良かったけどこれからが大変だろうなぁ…。 体調が安定してきたと思ったら警察が来てあの時の事思い出さなきゃいけないし。退院して元気に活動再開しても加害者の裁判とかあるし。しつこいマスコミが色々聞いてくるかもしれないし…。

▼改めて事件を振り返ってみる

・事件が発生したのは5月21日午後5時すぎ

事件は5月21日午後5時すぎに小金井市のライブハウスが入る建物で発生。

1、2分前、冨田さん本人が「助けて。きゃー」と叫びながら110番していた

しかし、警視庁の通信指令センターで電話を受けた担当者が携帯電話の位置情報を確認していなかった。

冨田さんは20ヶ所以上を刺されており、意識のない状態が続いていた。

2週間以上にわたって、意識のない状態が続いていた。

警視庁小金井署は傷害の疑いで住所、職業不詳、自称岩埼友宏容疑者(27)を現行犯逮捕した。

・5月24日までの供述で明らかになったこと

1 2 3