1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

マイラバっぽい!小林武史とakkoの2人の娘が歌手デビュー!

小林武史さんとakkoさんの2人の娘、越野アンナとHARUHIが歌手デビュー。HARUHIは映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌を歌っています。3人の声を聴き比べてみてくださいね。

更新日: 2016年07月17日

03040さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
153 お気に入り 192579 view
お気に入り追加

かつて夫婦だった小林武史とakko

出典i1.wp.com

MY LITTLE LOVERとして活動していた頃の小林武史(右)とakko(中央)

小林武史が、知人に紹介され関心を持ったakkoと、かねてよりデビューさせたかったというギタリストの藤井謙二の2人組ユニットをプロデュースする形でMY LITTLE LOVERとして、1995年5月1日にデビュー

1995年、Vo;akkoとGt;藤井謙二とのユニットとして小林武史のプロデュースでデビュー。2002年藤井謙二が脱退。2006年に小林武史が脱退。現在はakko1人での活動となっている。

1999年にMY LITTLE LOVERのキーボードを担当していた小林武史と結婚。2人の子供(長女・次女)をもうけるも、2008年元日に離婚。

所属事務所の社長とアーティスト、プロデューサーとアーティストという関係は続いており、最新作でもタッグは健在。音楽面においては変わらず最良のパートナー、ということのようですね。

MY LITTLE LOVERのデビューシングル。1995年オリコン年間ランキング5位。ミリオンセラー。

マイラバの『Man&Woman』初めて聴いた時はしびれたな。ウタダのオートマもだが

小林さんの凄さは計り知れないよ デビュー当時のマイラバの曲聞くとわかる 才能の凄さがとんでもない

▼そんな2人の娘が歌手デビューと話題に

前にマイラバそっくりな歌い方だなぁと思ってた新人歌手が、マイラバ夫婦の娘だと知って、納得と落胆と遺伝ってすげぇという気持ち。 声似てるうえに小林武史プロデュースじゃぁそりゃ似るわ…

前、マイラバのボーカルとそっくりな声の新人が出たなーしかも小林武のプロデュースなんだ、と思ってたら 娘だった 笑

姉:越野アンナ

生年月日:1995年7月30日
神奈川県川崎市生まれ。
アメリカ合衆国イリノイ州育ち。
20歳

シンガーソングライター越野アンナとベーシスト西塚真吾によるユニット・anderlust(アンダーラスト)

男女ユニット・anderlust(アンダーラスト)が、シングル「帰り道」で3月30日にソニー・ミュージックレコーズよりメジャーデビューする。

デビュー曲「帰り道」は、澄み渡る空へ突き抜けるような越野アンナの伸びやかな歌声が印象的な、ハートフルなミディアムロックナンバー。

デビューシングルは小林武史をプロデューサーに迎えた作品で、表題曲は4月1日公開の映画「あやしい彼女」の主題歌に決まるなど、すでに大きな注目を集めている。

歌い方と声似てると思ったら越野アンナってakkoの娘だったのかー。

anderlustってマイラバの娘だったのか〜……どうりで……!似てると……!(会社の人と二人でああ〜〜〜なるほど〜〜〜!ってなってた)

おねーちゃんの歌声は鳥肌たつくらいakkoにそっくりだね。高いキーで伸ばすところとかマイラバじゃん。遺伝子すごい。

妹:HARUHI

生年月日:1999年2月25日
出身地:ロサンゼルス生まれ
17歳

5月14日に公開された映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌でデビューした新人シンガー・HARUHI。

HARUHIは1999年にアメリカ・ロサンゼルスで生まれ、13歳から楽曲制作を開始。歌の表現力や楽曲のクオリティに音楽業界から注目が集まり、今作の主題歌への抜擢が決定した。

1 2





よろしくおねがいしまっす

Twitter:https://twitter.com/xamikanax