1. まとめトップ
  2. おもしろ

共感する人も!?話題の『日本社畜昔話』が涙なしでは読めない…。

俗にいう「社畜」とは会社に飼い慣らされ家畜のように扱われているサラリーマンのことを指します。厳しい労働環境で働くビジネスマンを日本昔話や童話に登場するキャラクターに置き換えてしまおうという唐突過ぎるハッシュタグ「#日本社畜昔話」がTwitterで話題です。「日本社畜昔話」は涙なしでは読めません…。

更新日: 2016年06月09日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
138 お気に入り 123163 view
お気に入り追加

『#日本社畜昔話』がTwitterで話題です。

俗にいう「社畜」とは会社に飼い慣らされ家畜のように扱われているサラリーマンのことを指します。

厳しい労働環境で働くビジネスマンを日本昔話や童話に登場するキャラクターに置き換えてしまおうという唐突過ぎるハッシュタグ「#日本社畜昔話」がTwitterで話題です。

日本社畜昔話とはいったい…!?

#日本社畜昔話 読んでると面白いけど体験したくないよなー(−_−;)

有名な童話の登場人物を社畜におきかえると…。

「お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」
イヌ、サル、 キジの仲間を手に入れた桃太郎は、鬼ヶ島へ。

これが通常の桃太郎ですが日本社畜昔話となると…。

#日本社畜昔話 定年の過ぎたおじいさんは山へ休日出勤に また定年の過ぎたおばあさんは川へ休日出勤に おばあさんが川でデスクワークしてると 桃がどんぶらこどんぶらこ こうして桃も大海原へと休日出勤しましたとさ。

みんな休日出勤!

桃太郎は犬・キジ・猿を引き連れて、鬼ヶ島に鬼退治に向かいました。人だと労災になるしね。 #日本社畜昔話

犬・キジ・猿を引き連れていったのは労災対策です。

お爺さんは山へ芝刈りに。 お婆さんは川へ洗濯しに行きました。 途中桃が流れてくるというトラブルが発生しましたが、納期に変更はありませんでした #日本社畜昔話

桃が流れてきても納期は同じ

助けた亀に連れられて浦島太郎が竜宮城に行くお話。

日本社畜昔話となると…。

浦島太郎は25連勤の中、通勤砂浜を歩いていると カメをいじめている子供たちを見つけました 「子どもたちよ、カメをいじめてはいけない」 子どもたちを鬱憤混じりに蹴散らすとカメが礼を言います 「お礼に竜宮城に連れて行きましょう」 「ゴメン、有給取れない」 #日本社畜昔話

休みがないので竜宮城へ行けません

#日本社畜昔話 浦島太郎は会社帰りに浜辺によると、亀をいじめている子供たちを見つけました。浦島太郎は亀を、助けるため、子供たちを蹴散らしました。亀は言いました「助けてもらったお礼に竜宮城へ連れていってあげましょう。」浦島太郎はいいました。「家に送ってくれ、疲れた。背中で寝かせろ」

竜宮城よりも休みが欲しい…。

おじいさんが、雪にふられて寒そうなお地蔵さんに売れ残った傘をかけてあげるお話。

日本社畜昔話となると…。

爺「おや、お地蔵さん、雪に降られて大変でしょう、でも始業時間に間に合うように来いよ、交通機関の乱れとかって言い訳は要らないから^^」 #日本社畜昔話

雪に降られても仕事に来い!

「お爺さん、かさの在庫と売上が合わないようですが」 爺「お地蔵様が雪をかぶってたからかさをかぶせてやったんじゃよ」 「……なるほど、では給料から天引きしておきますね」 爺「あんたは鬼か!」 「鬼ではありません、総務です」 爺「」 #日本社畜昔話

傘は給料天引きしておきます。

童話のあの登場人物がサービス残業…。

童話のあの登場人物はサービス残業してたのか…。

見る目が変わってしまいます。

浦島太郎の送り迎えはサービス残業扱いなので亀に給料は出ませんでした。 #日本社畜昔話

亀はサービス残業だったので給料は出ません。

ごん、お前だったのかどんなに残業しても定時にタイムレコーダーを打刻していたのは。 #日本社畜昔話

こっそりと残業していたごんぎつね

犬猿雉は労働組合を結成。社会全体に訴えかけていくことで、吉備団子の発生しない時間も鬼ヶ島の討伐に参加させられるサービス討伐の実態が明らかになりました。 #日本社畜昔話

サービス残業させられていた犬・猿・雉

システムエンジニアって過酷な仕事

システムエンジニアって過酷な仕事なのです。

童話のあの登場人物にやらせてみると…

うんとこしょどっこいしょ それでもバグは抜けません #日本社畜昔話

バグはかぶのようにはいきません

鶴を助けた日,訪ねてきた娘におじいさんはプログラミングをお願いしました. 「一日でこれを…?? わかりました… ですが,決して中身を見ないでください…」 気になったおじいさんがソースを除くと,そこには大量のグローバル変数…!! そこには羽の抜けた鶴がおったとさ #日本社畜昔話

プログラミングをする鶴

「日本社畜昔話」は涙なしでは読めません…。

「ここ掘れワンワン」 「無理だ!もうここの山からはなんも出やしねえ」 「ここ掘れワンワン」 「仲間も何人も倒れてる!これ以上は」 「掘れ。まだ今月のノルマの半分も達成していない。」 「うう...」 #日本社畜昔話

「ここ掘れワンワン」 とノルマで穴を掘らされる…。

「おばあちゃんのお仕事はどうしてそんなに多いの?」 「それはね、人手が足りないからよ」 「おばあちゃんの帰りはどうしてそんなに遅いの?」 「それはね、当日中の至急案件が多いからよ」 「おばあちゃん、そのつらそうなお仕事本当に好きなの?」 「ぶっ飛ばすぞ」 #日本社畜昔話/

そんな質問しないで…。

娘は見事な反物を渡してきました。 「素晴らしい!もう一反織れるか?」 「はい」 〜 「どうぞ」 「もう一反織れるか?」 「えっと…はい。」 〜 「どうぞ」 「まだ織れるだろ?」 「えっ…」 「織れるよな?」 「はい…」 鶴は死ぬまで織り続けたのでした。 #日本社畜昔話

死ぬまで恩返し。

いいな いいなー 定時 っていいなー レッドブル コーヒーに コンビニ弁当 今夜もデスクで眠るんだろな 明日は帰ろ おうちへ帰ろ 終電 とっくに終わって バイバイバイ(=゚ω゚)ノシ #日本社畜昔話

「まんが日本昔ばなし」のあの歌も…
嫌になります。

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。