1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ワザワザ行きたくなる♪最近の"飽きない"デパート

百貨店が、これまでの百貨店らしさを変えようとしてるような。

更新日: 2016年06月09日

nogutiSunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
88 お気に入り 73452 view
お気に入り追加

いま「百貨店」が、危機を迎えてる中…

6月7日で閉店する花巻のマルカン百貨店 pic.twitter.com/0D37yKQIjF

地方や都心でさえ、百貨店や大型スーパーが赤字で苦しんでる…。

デパートが面白くなくなった理由の一つは「そこに行けばどこにでもあるそのブランドがやっぱりあるから」

買いたいものもあんまりないのに、ワザワザ行く理由が…。

百貨店ギフトカード貰ったんだけど買うものないんですよねー

だったら、行きたくなる理由を作ろう!

訪れるたびに、「刺激」と「発見」がある百貨店

Siam Discovery The Exploratorium designed by Nendo. pic.twitter.com/XerxY8vKV7

タイの百貨店は、買い物じゃなくアートを感じる場所に大変身!

「単に製品を売るだけではなく、訪れる人たちに体験を提供して、自己発見、自己表現をしてもらうこと」

そのため、ブランド単位でカテゴライズするのではなく、多様な嗜好性やライフスタイルを積極的にミックスする

百貨店は、様々な「経験」を訪れる人に提供できる場所になってきた。

「三越本店」も、遊び体験を売るデパートへ

三越日本橋本店が開業以来初の全館リモデル 2018春に第一期開業 apalog.com/report/archive… pic.twitter.com/Nw0mwQRjp2

もう婦人服ファッションだけの百貨店とは、お別れします!

三越日本橋本店は、どんな趣味(日本文化好き、旅好き、ネコ好きなど)を客が持っているのかを考え、その価値観で引きつけていく

衣料品を縮小する代わり、アートをはじめとする「あそび文化」にまつわる商品やサービスを充実

地方には、本屋みたいな「食の百貨店」が登場

枚方T-SITEの「意志を獲得し自己増殖によって巨大化を始めた建物」感 pic.twitter.com/FH8lyF4ugr

普通の百貨店とデザインで感じさせたら、負け。

枚方T-SITE行ってきた こんな施設近くに欲しいいいいい!!! 毎日通うわマジ!!! 今からユニバやのに雨はだるい pic.twitter.com/L92RvUc5AB

そこには、巨大な本棚や、見たことないスイーツやフードたちが待っていた!

枚方T-site にきた! すごい、めっちゃ広い、きれい、スタバめっちゃおしゃれ、都会って感じ、しかもこんな時間までやってる! めっちゃいい!帰る!

「枚方T-SITE」が、これまでのT-SITEとは異なるのは、「生活提案型デパートメント」をうたっていること

百貨店じゃなく、いろいろな体験ができる商業施設。

食の提案を強化し、朝は焼きたてのパン、夜はグラスワインといったライフスタイルに合わせたサービスを提供

蔦蔦屋書店は本や雑誌を15万冊、そのうち食にまつわる本を日本最大の8,000冊。室内遊具やベビー専用の遊び場を構え、絵本・児童書は2万冊を用意

専用アプリで、周辺の駐車場の満空状況、商品バーコードを読み取ってネットのクチコミを参照したり、レストラン予約したりできる

マルイなのに、オシャレ感を打ち出さない

KITTE博多ができてから初めてきたわ福岡 pic.twitter.com/gWuI4ZIWYH

福岡に新しくできたマルイは、実はマルイっぽくない。

夜も博多駅横に明後日オープンのKITTE博多、博多マルイの内覧会に。 休憩スペースにパソコンコーナーやコンセント付椅子があったりなかなかいいです。 カフェも充実しています。 pic.twitter.com/dsj6alyEIO

ホッと一息つきたいときに、気軽に寄れる休憩場所がコンセプト。

KITTE博多は、1階から6階までカフェを配したほか、アパレルを3割に落とし食べ物、雑貨などの物販が数多く入居

最先端の流行って、コレなんだぜとグイグイ押し付けられない場所。

1 2





nogutiSunさん

野口です。細々とまとめていきます。

このまとめに参加する