1. まとめトップ

関関同立産近甲龍ほか関西私大推薦入学率・定員充足率2017年度入学者ver

検索 偏差値 レベル 関西大学関西学院大学同志社大学立命館大学 京都産業大学近畿大学甲南大学龍谷大学 京都外国語大学関西外国語大学大阪経済大学大阪工業大学佛教大学 摂南大学神戸学院大学追手門学院大学桃山学院大学

更新日: 2018年05月01日

2 お気に入り 126741 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

定員充足率ほか

率が100を超えている大学は定員より学生をかき集め過ぎな大学
率が100を割っている大学は定員割れ大学

主な大学のみ抜粋

730位:○阪南大学(123.3)
728位:○四天王寺大学(123.0)
709位:○神戸女学院大学(120.8)
691位:○甲南女子大学(118.8)
686位:○京都外国語大学(118.4)
677位:○大阪経済大学(117.4)
635位:○甲南大学(114.6)
632位:○畿央大学(114.3)
608位:○桃山学院大学(112.6)
598位:○追手門学院大学(112.2)
586位:○同志社女子大学(111.5)
580位:○大阪産業大学(111.4)
578位:○大阪学院大学(111.3)
571位:○関西大学(111.0)
553位:○大和大学(110.0)
551位:○関西外国語大学(109.9)
550位:○同志社大学(109.9)
546位:○神戸女子大学(109.6)
500位:○摂南大学(107.8)
494位:○奈良大学(107.7)
486位:○神戸学院大学(107.2)
475位:○流通科学大学(106.7)
469位:○京都橘大学(106.3)
449位:○武庫川女子大学(105.8)
443位:○佛教大学(105.6)
416位:○近畿大学(104.8)
400位:○大阪工業大学(104.4)
338位:○京都女子大学(102.9)
319位:○立命館大学(102.5)
306位:○京都産業大学(102.1)
287位:○京都学園大学(101.4)
285位:○天理大学(101.3)
272位:○大阪商業大学(100.9)
270位:○龍谷大学(100.7)

=====以下定員割れ=====
(蹴った受験生が多く、定員未満の入学者数になった場合もあるので必ずしもFランではない)

211位:○大阪電気通信大学(97.4)
181位:○花園大学(94.6)
136位:○大阪国際大学(87.3)

一般組が多数派の大学

立命館大学 64.2%
(早稲田大学 58.8% ←参考)
同志社大学 58.2%
関西大学 57.7%
(慶應義塾大学 56.7% ←参考)
甲南大学 54.8% 【昔は64%くらい一般組でしたね】
畿央大学 53.5%
大阪経済大学 52.6%
近畿大学 52.3%
龍谷大学 50.3%

推薦組が多数派の大学

大阪工業大学 49.5%
京都女子大学 49.0%
同志社女子大学 48.7%
関西学院大学 48.1%←関関同立最下位
奈良大学 46.8%
武庫川女子大学 46.3%
京都産業大学 45.7%←産近甲龍最下位
大谷大学 43.2%
摂南大学 42.1%
京都文教大学 41.5%
京都橘大学 40.5%
===========
神戸女子大学 39.2%
神戸学院大学 38.6%
神戸親和女子大学 35.4%
大阪女学院大学 35.3%
大阪体育大学 35.0%
大阪電気通信大学 35.0%
京都外国語大学 34.8%
姫路獨協大学 34.6%
京都学園大学 33.2%
大手前大学 32.5%
追手門学院大学 31.9%
大阪産業大学 31.9%
神戸松蔭女子学院大学 31.0%
桃山学院大学 30.3%←摂神追桃最下位
====================
流通科学大学 29.5%
帝塚山大学 29.4%
甲南女子大学 29.1%
京都光華女子大学 28.5%
関西外国語大学 26.5%
大阪大谷大学 25.8%
四天王寺大学 25.4%
帝塚山学院大学 25.0%
天理大学 24.5%
大阪樟蔭女子大学 24.0%
姫路大学 23.9%
大阪学院大学 23.6%
太成学院大学 23.2%
花園大学 21.9%
関西福祉大学 20.9%
阪南大学 20.7%
京都精華大学 20.3%
=============
大阪人間科学大学 19.1%
大阪芸術大学 18.0%
奈良学園大学 17.9%
甲子園大学 17.7%
兵庫大学 16.9%
相愛大学 16.7%
大阪経済法科大学 14.2%
大阪商業大学 10.4%
神戸国際大学 10.0%
==============
羽衣国際大学 6.5%
芦屋大学 2.2%
東大阪大学 1.1%

非公開の大学もあります。

偏差値操作の手口?

【定員を減らす偏差値操作の方法】
100人募集を50人へ減らしたとする。そうすると、入学試験で1位 - 100位まで合格するところを、1位 - 50位までしか合格しなくなるわけだから、より高い学力の人50人しか合格出来なくなり、偏差値は上昇する。定員を減らすためには、AO入試や各種推薦入試、内部進学などの偏差値を測定する際に算入されない入試方法で多くの学生を確保し、一般入試での募集人数を減らすという方法が一般的である。また、入試形態を多様化し、日程を複数用意するなどして、各入試方法の定員を減らすという方法もとられる。また、操作している事実が表面化しない方法であるため、多くの大学で行われている。

推薦組は質が低い?就職内定率も悪い?

つまり推薦入学組が多い大学は、偏差値を上げる為にそうしている可能性が非常に高い。一般入学組が多い大学の方が予備校偏差値通りの学生が入っていると言える。推薦組が多い大学は予備校偏差値のよりも学力が低い人間が入っている場合が多い。

関東の私立大学は推薦組が少ないのはどうして?

単純な話です。18歳人口が関西よりも多いのです。関西の18歳人口は少なく、推薦で多く搔き集めないと経営が成り立たないのです。

意外と知られていませんが、関東の私立大学では公募推薦をやっている大学なんてほとんどないんですよ。

なので、圧倒的に関東の私立大学>>>関西の私立大学です。

1