1. まとめトップ

あなたは大丈夫?白砂糖の弊害

普段何気なく食べている、白砂糖を含んだ食品。これが実は、美容と心身の健康に対して、残念ながら悪影響を及ぼす食品なのです。女性であれば甘い物が好きな方も多いかと思いますが習慣を変えてみてはいかがでしょうか?

更新日: 2019年04月22日

8 お気に入り 21074 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lyle68さん

様々な食品に含まれている白砂糖たち

白砂糖は、精製過程でビタミンやミネラルなどの微量栄養素を失った酸性食品になります。人間の体は基本的に弱アルカリ性です。そのため、酸性食品である砂糖が大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます。この時、最も多く消費されるのがカルシウムなのです。白砂糖は、カルシウムがほとんど含まれていないので、必要なカルシウムは体内の骨や歯を溶かして供給されます。これが甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなる理由です。

白砂糖の原材料はサトウキビやテンサイといった植物です。サトウキビが多いです。砂糖は植物由来の食品なので、一見よさそうなものに思えます。

しかし、今は原材料を高度に加工して作っているので、「植物」と考えるべきではありません。

よく白砂糖の作り方は麻薬のコカインと同じと言われます。

コカインも、原材料はコカという植物の葉っぱです。この葉っぱを徹底的に精製したものがコカインです。

もとはハーブティとして飲まれることもあるふつうの葉っぱがあのような恐ろしい粉になるわけです。

高度に精製された白砂糖も、原材料のサトウキビとは似て非なるものと考えたほうがいいです。

砂糖の原料は主として①サトウキビ②ビート(大根)から作られております。ですから、原料そのものにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれているのです。しかし、下記に書きますが精製という最新技術で、その大事なビタミン、ミネラルを根こそぎ剥ぎ取ってしまいます。白砂糖は精白食品の代表食品であり、本来の砂糖は決して白色ではありません。
 白砂糖はその精製過程で様々な薬剤を使用して、とことん精製化し製造されます。
その課程で、大切なミネラル・ビタミン等が奪われます。つまり“砂糖”は食品ではなく、自然界には絶対存在しない有害な食品添加物であるということなのです。

白砂糖は人工的に造られたものであり自然界にそのままのカタチで存在するものではありません。サトウキビの茎を砕き、圧縮して甘い汁を搾り取り、さらにそれを何度も加工して純粋な白い結晶になるまで精製します。
最初の精製で汁が不純物を取り除くために濾過され、その後化学物質でとことん精製処理されます。
 その化学物質とはまず苛性ソーダ(強アルカリ性)、次いで硫酸(強酸性)を用います。
これらは本来食品に使用すべきものではない危険な劇薬にもかかわらず、こうした製法が国により法的に認められていること事態が大きな問題なのです。  そして粗糖が取り除かれたあとに糖蜜が残ります。

糖蜜はさらに精製の過程を経て徐々に色が薄くなります。
精製の第一段階では、焦げ茶色で湿り気がありますが、加工を重ねる毎に色がどんどん薄くなり、乾燥しそして最後に粒の細かい純白の結晶ができあがります。
 また、何となく黒砂糖や和三盆の方が白砂糖よりは良さそうだという感覚は誰でもが持っていると思いますが、三温糖というのは、白砂糖やグラニュー糖を取った残りの蜜をさらに煮詰めてカラメル化したものですので最悪の食品ということになります。三つの温かい糖という言葉が身体によさそうなイメージを醸し出しますが、実はトンデモ食品だったということに驚きです。
更に、このカラメルがまた問題なのです。カラメルは、体内で尿素系の化学物質を作り出し、運動機能・学習機能の低下、運動意欲・学習意欲の低下、という症状に結びついているという疑いがあちこちから指摘されています。

ノンシュガーは?

人工甘味料(ローカロリーの飲料やヨーグルトなどに使われてるので注意。材料チェックを。
アスパルテームは胎児の脳の発達などに影響を及ぼし、スクラロースは下痢による流産の可能性があり、ステビアは元々、南米では赴任と避妊用に使われてきた薬草から作ったもの)

白砂糖の危険性は有名ですが、ノンシュガーなどを伝えるこれらの商品。砂糖より数百倍もの甘みを感じさせる人口甘味料が使用されています。

サッカリンをはじめ、チクロ、ソルビトール、スクラロース、キシリトール、パラチノース、エリスリトール、アラビノース、アセスルファムK,マルチトール、トレハロース、ステビアなどなど、商品の表示には必ずこれらの甘味料が表示されています。

中でも最も多く使用されているアスパルテーム。開発もとのアメリカでは、FDA(連邦食品医薬品局)が認可する前からかなりこの添加物についての危険性が議論されてきました。

そしてその議論はいまだ決着の見ないまま、これだけ製品化されてしまっているのです。 その危険性は様々な研究機関で健康被害が報告され、摂りすぎると肥満や糖尿病につながるほか、うつや腎機機能低下、血管系疾患のリスクが増大するようです。

そして白砂糖やこの人口甘味料には強烈な中毒症状もあり、まさに「甘い罠」と言われています。 特に子どもには味覚障害にも繋がる事が近年では確認されており、百害あって一利なしと言わざるを得ません。

「特定保健用食品(トクホ)を飲んでいれば痩せる」「健康的だから少し高くてもいい」と思っている方も多いと思いますが、これはとんでもない落とし穴だそう。

白砂糖を摂り過ぎるとどうなるか?

白砂糖には、ビタミンやミネラルが含まれていません。 糖類は、体内で分解される時にビタミンB1が必要となり、そのため、ビタミンB1の摂取量が少ないと欠乏症を起こし、鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

砂糖は体内のカルシウムを破壊するためイライラしてしまう働きがあり、砂糖を摂取する度に怒りっぽい性格に。特に0歳から12歳の子どもに砂糖を多く含む食べ物を与えると、将来的にイライラと怒りやすい性格に育ち、身体も太った大人になる可能性が高くなる。

更にまた、胃ガンや大腸ガンの発生や増殖を抑える力を持つカルシウムが不足しガンを誘発しやすくなるという事実も見過ごせません。

砂糖がふんだんにはいっている食品

精製された白砂糖は依存性が高く、アレルギーやイライラの原因にもなると言われ ています。

美味しそうな市販のケーキ。すぐにやめられないだろうから少しずつ量を減らすことからスタートしてみては?

市販のお惣菜にもお砂糖は含まれています。舌を病みつきにさせるための味付けです。売り手はお客さんの健康を心から考えているのでしょうか?

お時間あれば少しでもご自身で調理されるといいですね

市販のものはお砂糖がはいっています

非常にざっくりではありますが、下記の計算で飲料に含まれる角砂糖の個数を知ることが出来ます。前提として、角砂糖は一律4gで計算します。

炭水化物(g) × 飲料のml数(もしくはg数) ÷ 100 ÷ 4 = 角砂糖数

このサイトによると、コカコーラの場合、355ml缶で39gの糖質が含まれていることになります。角砂糖1個が4gの換算ですので、約10個の角砂糖が入ってると言う事ですね。10個の角砂糖を直接口に入れる事を想像すると、結構強烈です。

市販のお菓子にはエンプティカロリーの代表選手、白砂糖がたっぷり含まれています。 

エンプティカロリーの食品が与える影響のプロセス

エンプティカロリーの食品には摂取したカロリーをエネルギーに変える本来あるべき栄養素がないため体の栄養素を奪います。
さらにお子さんの精神状態にも影響を与えキレる子どもへ・・・。 

1.       消化吸収の早いエンプティ―カロリー(白砂糖など)を過剰に摂取すると、血糖値が急激に上昇。
 2.       血糖値をコントロールするホルモン「インスリン」が大量分泌され、血糖値が一気に下がる。 
3.       血糖値の低下によりブドウ糖をエネルギー源に機能している脳に影響。 
  脳のエネルギー不足により「集中できない」「ボーッとする」などの症状が現れる。 
4.       この低血糖の状態を改善させるために、脳からアドレナリン(気分の高まりや攻撃性を司る)別名「攻撃ホルモン」が分泌される。 
5.       血糖値の極端な上がり下がりに影響を受け、情緒が不安定なキレやすい子どもになってしまう。 

またエンプティーカロリーであるお菓子や菓子パン、ジャンクフードは味が濃く、砂糖、油脂分が多く含まれ、お子さんの生活習慣病の原因にもなっています。 

生活習慣病は日本の死因トップ3「がん」、「心臓病」、「脳卒中」へ 将来お子さんをあと押ししかねないサイレントキラー。
お子さんがそれらの食べ物に中毒にならないよう、今のうちから注意する必要があります。

白砂糖を摂らないと、どの様な効果が?

体内での働きとしてはミネラル・ビタミン・カルシウムなどが壊されずに充実し、たんぱく質も正常な量が体内に存在する状態となります。

その事による代表的な体感効果として「肌が潤ってツヤが増した」、「ニキビが出来なくなった」、「乾燥肌が改善された」など、肌に関する美容効果は高いと言えるでしょう。

◆心身の安定にもつながる
それに加えて驚きの効果としては、視力の良化、睡眠の質が良くなった、明らかに疲れにくくなった、イライラする事が劇的に減ったなど、美容だけでなく全身に対してあらゆる良い効果が出ているのです。

言うまでもありませんが、ダイエットにも効果があります。

1 2