1. まとめトップ

【債務整理って一体どんなことをするの?】

債務整理とは一般的に【任意整理】【特定調停】【個人再生】【自己破産】なんて言ったりします。
法的に債務整理を行うことにより借金の利息が軽減されたり場合によっては免除されたりします。
借金で苦しい方にとっての救いの手であるわけです!

債務整理として取るべき手段は債務の総額や収入、財産など状況によって異なりますが、法的に債務を整理することで元本の減額や利息が免除になるなど、現状の借金による苦しい状況を打開することができます。

債務整理にはどんな種類があるの?

【任意整理】【個人再生】【自己破産】にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
またできることできないこともあるので注意しましょう。

【手続きの種類一覧】

①任意整理
メリット :整理した対象からはの取り立てがストップ出来財産などの差し押さえはない。
デメリット:ブラックリストに載るので向こう5年はクレジット発行や借入が一切できない。そもそも元金が減らない場合の旨みはあまりない

②個人再生
メリット :借金の大幅な減額ができて家屋は差し押さえられない
デメリット:ブラックリストに載るので向こう10年はクレジット発行や借入が一切できない。

③自己破産
メリット :借金が全てなくなる
デメリット:住宅などの高額財産の差し押さえがあるし場合によっては家族にバレる

債務整理には種類があり、任意整理、個人再生、自己破産と3種類の方法があります。
任意整理は裁判所などの公的機関を通さない手段で、いわゆる示談にあたるものです。

個人再生、自己破産は裁判所を通して申請し法律で定められた手続きにしたがって借金の減額を行うものです。

実際債務整理をしてみて

実際に債務整理をしてみて確かにデメリットもありますが、
今までずっと苦しく抱えていた借金が減って喜ばれる方の方が圧倒的に多いようですね。

借りたものはちゃんと返したかったのですが、
「利息をカットすることはできない」
「長期分割の支払いはできないので破産」
と他の相談先で言われ、半ば諦めていました。

こちらで相談をしたところ、
「利息のカットもできるし、支払いの意思があるなら破産をしないでも大丈夫」と言われ、わらにもすがる思いでした。

相談の時に司法書士の先生に説明してもらった通りの金額に、返済を調整してもらい、本当に救われました。

2年前から支払いに苦しくなり、生活費もカードを利用してしのいでいる状態でした。

「なんとかしなきゃ…」とは思っていたものの、「恥ずかしい」「もし行ってもどうにもならなかったら…」と思うと足が進まず、ただ毎日が過ぎていき2年経ってしまいました。

今思うと2年前のあの時に相談していればよかったのかなと後悔してます。

病気になって支払いが完全にできなくってしまいましたが、なんとかお願いします。

実は筆者が相談していた債務整理相談センター

実は私も1年前に債務整理相談センターさんに相談をしました。
やはり私も家族にバレることが怖くてなかなかできませんでしたが勇気を振り絞り
相談をして本当によかったです。
担当の方が先生の豊富な知識と経験でとてもわかりやすい説明をしていただき心強かったです。

他にも各地域で相談ができる場所を探してみたので参考にしてみてください!

1





マンゴー知事さん